<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

3D蛍光スペクトル

評価:
辻信太郎
サンリオ
¥ 1,280
(2010-02-16)
コメント:これ、書いた気もするんですけど、ブログ検索したら出てこなかったので・・・自分が幼児期に、映像や世界観の美しさにあこがれたDVDです♪

<本日の写真の代わりに>この映画、私が「惚れた男を守れる女になりたい」と思うようになった大きな理由の一つだと思うんですよね・・・我が子に見せようと思います♪



すみません、覚書です・・・

久しぶりに蛍光光度計を触ったら、3D測定なんてものができててびっくりしました。
自分、理研で超リッチ生活送った後の、貧乏研究者生活長いんで
...( = =) トオイメ

各励起波長ごとの蛍光スペクトルを3Dマッピングしてくれるんですが。
これが、なぜか、私が使わせていただいた装置だと、短波長からしか励起してくれないのです。
「色素の劣化を防ぐために、測定は長波長励起から行う」とこれまで信じてきた管理人にとって、不思議でならないのです。

てわけで調査中。
しっかし今の装置はすごいですね。
これ(→http://www.jasco.co.jp/jpn/product/FP/FP.html)なんて自動で高次光がカットできるオプションがついているらしくて。
ちゃんとお勉強しない学生さんがこの装置に慣れちゃうと、会社に入ってから「高次光?なんですか、それ?」になりそうですね
( ((-。-) ))ガクブル...

(注:蛍光スペクトル測定では、物質の発光を見たいわけですので、励起光や励起光が分光器内の回折格子で回折して生じる一次光、二次光、三次光を発光だと装置が認知しては困るわけです。ので、励起光をカットするフィルターをディテクター側にセットします


3Dマッピングするとなぜ嬉しいかは、特にこちらのウェブサイトにまとめてあります↓
励起波長を変えたときに、極大波長を含め、スペクトルパターンが変わらないものが蛍光」
(JASCO分光蛍光光度計の基礎(3) http://www.jasco.co.jp/jpn/technique/internet-seminar/fp/fp5.html


んー、しかし・・・
なぜ長波長から計ってくれないかが分からない・・・
回折格子の装置内の配置の問題?短波長励起からのほうが発光強度が強いことが多くてディテクターの強度設定が楽だから??
休み明けに業者さんに伺ってみることにします★


それで、もう一個わからないことがあります。
入射光カットフィルタを入れると3D測定ができないそうなのですが、そこも、入射波長範囲を限定すればできそうな気がします。
こっちも調べてみたんですけど家からだと良く分かりません。
大学へ行って仕様書を見て、やっぱり業者さんに伺ってみたいと思います★★



・・・結局良く分からなかったクリック→
sachi * 研究:心の赴くまま * comments(0) * trackbacks(0)

現代日本人気質に合うシステム

120630_090134.jpg
<本日の写真>家の庭に父上が笹を立ててくれました。で、わが子が短冊をつけてくれました。で・・・うん。まぁ、具合が悪かったのを心配させてしまったようです★ままはそんな優しいさくらが大好きだったりします。



すみません、頂いたコメントへのお返事ができていないまま、次のエントリーです。。。
自分の頭の中をまとめたいのです★
ずっと考えていたのですがまとまらないのです★★
まとまらないと下界に降りてこれないのです★★★
少々お付き合いください ぺこ <(_ _)>


日本の場合、会議に議題が出てきた時点で、話し合いの方向性は大まかに決まっています。
だから、ぺーぺーの自分がいろいろ考えても、正直意味ないんですけど。
それにしても会議に出席している以上、ちゃんと自分の意見を持っていたいと思うのです。


今、自分が持っている違和感は。
他国のシステムを真似しがちな政策の立て方に始まり、日本の大学の方向性に関する議題を聞いて、前頭葉へ噴出してきた感じです。

日本が強みにしてきた電子機器産業は、今や台湾などに脅かされる存在となりました。
このままでは、可愛いわが子の15年後の就職先がなくなってしまう。

できれば日本国内で産業を生み出したい。
そのために、技術の創出を行いたい。
それができるのはアカデミアだと思います。


・・・でもね。
私はともかく(爆)、日本の大学からは、とってもいい研究も技術も、たくさん生み出されてるんです。
それがなかなか産業に結びつかないんです。

某国軍のマネージャー級の方とディスカッションしたとき。
思いっきり、こんな問いをふっかけてみました。


「なぜ日本の大学からは産業がなかなか生み出せないんですか?」

「そりゃ、大学の先生が金儲けに積極的でないから。」


(-________-;) ウッ・・・


「某国では金儲けは悪いことではない。お金を儲けないと研究室は回らない。
対して日本の大学の先生は、”お金に興味がない”ことを良いことだと思っている節がある。
それで産業が生み出せるわけはない」


お金に興味があったら、産業界へ出ていく。
これね。私、前職の私立大学へいた頃は、そうは感じませんでした。
前職の大学では、どんな小さな学内の雑務でも「謝礼」が出たりしましたし。
私立大学は1企業と同じ、ブランドを大事にし、そこで働く人たちの意識の統一にだって気を配る。

でも国立大学にいる今は正直、「お金に興味がない」方が多いなって感じます。


平成24年6月4日。
平野博文文部科学大臣のお名前で、「社会の期待に応える教育改革の推進」という資料が配布されました。


もちろん、ここに書かれていることはどれも大事だとは思うんですけど。
なんか・・・何かが足りない気がしてしまうのです。

平等な資本主義国、日本。
集団行動、協調性を重んじる日本。
信念さえしっかりすれば、その信念のための努力を惜しまない日本。
漫画・アニメ文化がはぐくんでくれた、弱いものを助ける倫理観。

その日本の国民性に合ったシステムや政策は、今、真似しがちな米国というより、どちらかといえばドイツ的なんじゃないかと思うのです。


その一方で。
特に前職の大学で強く感じたのですが。
今の若い世代は、しっかりとグローバル化しています。
物おじせず主張し、自分のやりたいことを見つけ、言葉の壁は文化(アニメ、漫画、ヒップホップ、時にアルコール!)で乗り越えていきます。

なんとなく・・・彼らのような人材がアカデミア、特に工学系に残り、お金儲けに積極的になってくれたら、可愛いわが子の将来が明るくなるんじゃないかと。
そういう人材が大学のアカデミアに残るようにすることが、実は大事なんじゃないかと。

そのための大学システムを作り、運営に当たってはドイツで成功した政策例を参考にしてみる。
とりあえず今、思いつくのはそれくらい・・・



結局ろくなこと思いつかないんですよね・・・戦略協議会にいても、政策の勉強することを求められているのかも良く分からない・・・
論文書こうっとクリック(-_-φ →
sachi * 研究:心の赴くまま * comments(11) * trackbacks(0)

科学者と政治

120605_120652.jpg
<本日の写真>PennStateに行ってた学生が帰ってきました。お土産はお洒落な塗り絵とシュールなショットグラスー。



すみません、覚書です。
霞が関出入りが多くなる中、自分がどうあるべきかについて参考となる文章があったので
(。_。)φメモメモ ・・・
以下、すべて有本建男先生の文章(化学と工業 vol.65 p.441)より。


「科学は客観的であり、政策は規範的である」

「社会の中で科学者ができる限りの科学的知識を提供しながら、市民と問題を共有し、そのコミュニケーションの中で解決を共に模索する」(学術会議声明の紹介の一文)

「有識者による政策助言が無秩序にはびこり、政治の側が科学的助言をぞんざいに扱ったり、助言者側の質が低下したりという事態が生じる恐れもある。
(中略)
科学的政策助言における知識と、学術的な知識は同じものではない。
科学的政策助言における知識は学術的知識を越えるものである。
なぜなら、前者は、科学的な基準を満たした上に、さらに政治的に効果のある物でなければならない」(ベルリン科学アカデミー指針の紹介の一部)



いろいろ考えるわけですよクリック→
sachi * 研究:心の赴くまま * comments(8) * trackbacks(0)

「産学官の道しるべ」

120603_092723.jpg
<本日の写真>家の庭に咲いたシロツメクサで、わが子と一緒に冠を作りました♪



あわてて午後の会議の準備中です。
必要そうなのでまとめ。
iPadからだとブログが読めるので便利♪

日本は大学の研究からの産業化が進まない、ミッシングリングだとか言われていますけど。
JSTでは産学官を進めるためにこんなサイトを作られたりもしています↓

産学官の道しるべ

ポイントは産学官連携従事者のご経歴も見られることかもしれません。
もう少しいろいろ考えたいと思いますクリック→
sachi * 研究:心の赴くまま * comments(0) * trackbacks(0)

お久しぶりです・・・

ちょっと・・・心のゆとりが皆無な管理人です★
っていうか・・・
この半匿名なブログをどう運営していいか悩んでいる、という状態かもしれません
orz

なんて言っている場合でもなく。
ちょっと、公の場でお話しする機会が出てきたので。
その練習もかねて、久しぶりにブログ更新★

公の場でのお話はね・・・まぁ、つまり、日本の化学の今後についてどうするか、みたいなことについて、お話しするんですけど。
そのための準備として、参考になる先生方のお言葉を残しておきたいと思います。

大阪大学 河田聡先生(化学と工業 64, 677 (2011))
「ベンチャースピリッツ:失敗を許すこころとしくみ」
・科学者は未知の世界を探検し、不可能と言われてきたことに挑戦する。できることをやったり人まねをするのはまだ学生であって、科学者ではない
・(減点主義)入試に勝利した人たちが作る社会は、まるで大胆さがなくてわくわく感がない
・流行のテーマに乗っかって欧米のまねをして後をついていくのが、一番安全なる生き方となる。それでは日本の科学は進歩しないし、社会に貢献することはできなかろう。


自分が今、思うこと・・・
いろんなタイプの科学者が存在することが、重要なのかなと。
戦隊物で言ったら、熱血タイプ・冷静タイプ・やんちゃタイプ、の三つかな。
要は・・・社会運営でもなんでも、多様性がキーワードなんだろう。
そして、それぞれの多様性を持つ個人が、本気でディスカッションできる状態が必要なのだろう。

日本にかけてるのは・・・おたがい、笑って、言いたいことを言って、一つのものをelaborateする風土かもしれない。



写真もリンクもなくてごめんなさい・・・本当に時間に追われていて★
また後で、テンプレート整理します★
sachi * 研究:心の赴くまま * comments(5) * trackbacks(0)
このページの先頭へ
<< | 2/11PAGES | >>