<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 家族の意味 | main | 名前★ >>

脳を休めるために

評価:
奥田 英朗
文藝春秋
¥ 530
(2006-03-10)
コメント:娯楽で悲しい思いはしたくない私向けの本だと思います。それぞれそれなりにハッピーエンドだし、特に引きずる内容もないし、でもほっこり心に染み入る感じ。

どーもスケジュールがうまく組めていない管理人です。
業者さんにデモ機の説明をしていただく日程を、明日26日水曜日にするつもりが「25日水曜日」ってメールに書いてしまい、今日していただくことになったりとか。
自己嫌悪もはなはだしい
orz

自分メンテナンスの休みが必要なんだろうなぁと思いながら。
でも、自分メンテナンスの休みを取ることに罪悪感を感じる。

ただでさえ仕事で飛び回っている自分にとって、家にいるときは子供との時間が優先。
子供が他の家族と遊んでいるときは、家事をすることが優先。
ワーキングマザーが当然のように過ごしているタイムスケジュールだと思います。

もっと力をぬいて。
もっと気を抜いて。
仕事と育児、どちらも両立できるように、少しずつ、休みながら。



・・・が、できない
 
OTZ




そんな自分がこれ(↑)に手を出しちゃったのは、まぁある意味、必然と言うか。
何か仕事に関係ない本でも読んで、脳みそにゆとりをつくりたかったんですよね。
平積みにされていたこの本、帯に書かれていたキーワードは。






トンデモ精神科医・伊良部





このキーワードがキャッチーだと思っちゃった貴方!
貴方も私同様、病んでます・・・
( =(1)ω(1)=)フフフ




伊良部って、確か昔、野球の(以下禁句
音楽とか本とか、そのときの自分の気持ちをよく反映するなぁっておもうんですよね。うん。
久しぶりの連日投稿にぜひクリックを☆↓
人気blogランキングへ

お時間がありましたら,ぜひこちらもご利用ください↓
ワンクリック募金


sachi * 日記:プライベート * comments(5) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * - * -

コメント

今になって、考えてみれば、30代から40代は家庭もかえりみずがむしゃらな時だったように思えます。よくあんなことができたなと、後ろめたいこともあります。あまり後は振り返らず、前方を見つめて進むだけでよいと思います。
Comment by ゴロー
いつも“わかる気がするな・・・sachi先生の気持ち”と思いながら拝読しています。(お久しぶりで申しわけありません)
Comment by ありす
★ゴロー様、

や…
自分には無理です…
だって我が子が気になりますっ
(>_<)


★ありす様、

ありがとうございます、うれしいです♪
Comment by sachi
はじめまして(…だろうなぁ、もう)、No.4560という者です。

今頃このエントリにコメントしてる段階で……な今日この頃ですが、僕はどちらかというと看護師マユミさんのほうを目当てで読んだので病んでないの……かなぁ。

手元にないのであまり信頼性のある情報ではないんですが、続編も「娯楽で悲しい思いはしない人向け」(かつ「今病んでて脳みそにゆとりが必要な人向け」)だったように記憶しています。
Comment by No.4560
★No.4560様、

覚えておりますとも、お久しぶりです☆
実はすでに町内選挙まで買っちゃいました
(^-^;
Comment by sachi
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ