<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 帰れた… | main | ANA賛歌 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * - * -

一歳半の子をおいて出張 〜わが子の場合

評価:
青山テルマ,MOMO“mocha”N.,dee.c,SHIZUKA
ユニバーサルJ
¥ 1,000
(2009-08-05)
コメント:ANAの飛行機の中で聞いたんですが・・・もう涙が止まりません(TT)




まぁそういうわけで、無事帰国して、一日たちました。
せっかくなので、一歳半の子をおいて4泊5日した私のケースを記しておこうと思います。

出張中のわが子は、なかなか眠らないんじゃないかと言う当方の予想を裏切り、旦那の夜のお散歩で5分も経たずに眠りについたとの事です。
夜も一度目が覚めるものの、ミルクを上げればほとんどの場合、ぐっすり眠ったとの事。
ただし一晩だけ、もう一度夜のお散歩をしなくてはいけなかったらしく、やっぱりママを探していたのかなぁときゅんと胸が痛くなりました。

子を置いていった母であるところの私は、まぁ自分の体調不良で手一杯だったってこともあるのですが、特にひどいホームシックにはなりませんでした(子供を見たら目が行っちゃう、ってのはあったんですけど★)。
ただ、帰りの飛行機で聞いたこれ(↑)。
忠犬ハチ公を映画化したHACHIの主題歌になっていて、そのハチの気持ちを歌った歌な訳ですが。
「待ってるよ 待ってるよ」を初めとする、 すべての歌詞が心につきささって。
そう、こちらの歌詞をご覧いただければ、きっとワーキングマザーな貴方なら分かっていただけるはず↓
http://www.uta-net.com/user/phplib/view_4.php?ID=82358

言葉が通じない相手だからこそ持ってる思いとしては、わが子も一緒に感じられて。
飛行機の中で涙が止まらなくて。

そんな思いをしていったACSは・・・そうですね。
私が学生時代にいった頃とはなんだか違っていて、大きすぎて大御所もどこにいるかわからない雰囲気で。
ちょっと肩透かしで。

連れて行った学生さんたちのためになったのかって言うと・・・これがまた、私には分からないんですよ。
いい経験になったと信じたいですが、こればっかりは私には分からなくて。
本当に、本当に分からなくて。
半ば放心状態で日本へついて。


保育園のお迎えに行って、私をみたときのわが子の喜びようはすごくて。
抱き上げて抱きしめたら、私の肩に頭をぴたーっとくっつけて。
そのくせ車の中では私と目をあわさず、むしろ「ちょっと早くおっぱい頂戴よっ」って感じで(そう、まだ乳離れできていません・・・この出張で出来るのかと思っていましたが、ぜんぜんでした★)。

おうちに帰ってきて、おっぱいねんねで夕方寝をして。
そしてお目目が覚めて。
ご飯を食べて。

絵本を読んで。
お風呂に入って。
お風呂でもぎゅーっと抱きしめて。

そうしているうちに、少しずつ私の目を見るようになって。

ベッドに入る前に、犬と猫の写真が出てくる絵本を読んでいるんですけどね。
犬がチュッてキスしてる写真が出てくるんですけどね。



そしたらね。
そのページを読んでいたらね。







わが子がチュッて私にしてくれたのーっ!
 
⊂((〃/⊥\〃))⊃ウキャ♪




もうその後は・・・いちゃいちゃですよ。いちゃいちゃ☆
いない間にいろんなことが出来るようになっていたわが子。そして今日は、とっても甘えん坊さんでした。家族いわく、私がいない間はここまで甘えん坊じゃなかったそうなので、やっぱり甘えたいのを我慢していたんだろうなぁと思います・・・今週末は甘やかしデーだー。
可愛いわが子へ貴方のクリックを♪↓
人気blogランキングへ

お時間がありましたら,ぜひこちらもご利用ください↓
ワンクリック募金

sachi * 日記:育児 * comments(4) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * - * -

コメント

いちゃつくことができて、よかったですね。
甘えさせることができるときには、いっぱい甘えさせるといいと思います。
そういう甘えさせ方って、やっぱり母親の特権なんですよね・・・。ちょっと羨ましく思います。
Comment by Shukopapa
★Shukopapa様、

そ、そぉですか?
我が家では大パパも似たような甘え方をさせている気が
(^-^;
Comment by sachi
はじめまして。同業者で4歳男児の母親です。
わたしは息子が11ヶ月の時に10日ほど離れて学会に参加したことがあるのですが、帰ってきたときは娘さんと同様、目を合わせてくれませんでした。私のことを忘れたのかと思うほどです。
これまた娘さんと同様、しばらくして和解したのですが、息子の場合はちゅーではなく、突然、思い出したかのように私の腕に噛みつきました!しかも、上目づかいでニヤッと笑いながら。。。そして、いつもの親子関係に戻りました。
体調が良くないそうですが、あまり無理はなさらないで下さいね。私の場合、出産後、ホルモンバランスを崩したのか大病を患ってしまいました。今はすっかり回復していますが、これからもストレスはためないようにしようと思っています。病気でいろいろあきらめがついたかもしれません。。。
Comment by
★名無し様、

ストレスがたまっていることに気付きながらも、解消する時間も場所もないことに気付いたりします。
このままじゃヤバイと思い、昨日は久しぶりに仕事しながら笛を吹いてみました★でもやっぱり人の耳が気になって集中できず…そして怒涛の学会シーズンinJapan
(-.-;)
Comment by sachi
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ