<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 専業主婦ごっこ | main | 責任 >>

職場復帰むいてるかも職1

車のおもちゃ
<本日の写真>弟のところでわが子が気にっていたおもちゃを、先週末に買ってしまいました★3ヶ月遅れのお誕生日プレゼント(おい



なんだか眠れない管理人です。

研究のことも。
学生さんの就職のことも。
そして、今日もお友達を二人かんでしまったわが子のことも。

あれこれ後悔することがいっぱいで。
自分はなんと至らないんだろうと考え始めると、自分を作り直したくなったりする(ここ、親になった自分の成長を感じるんですよ。昔は自分は欠陥品だと思うと、死にたくなったもんでしたからヽ( ´ー)ノ フッ)

私が眠れないからって何も事態は好転しないと分かっているのに、どうも自分はメンタル面が弱くて困ります
ε=( ̄。 ̄;A フゥ…


眠れないこんな時ですがー。
下記コメントを拝見していて、少しでもお役に立てればと思いー。
「育児で研究を中断された方が手を出しやすい」職の話がたまたま来たのでご紹介ー。
こういう職もあるんだ、ということをお知りになれば少しでも楽になられるのではないでしょうか
ポリポリ (・・*)ゞ

第一回目、「職場復帰向いてるかも職」はこちら。
産総研で、補正予算が無事とおった暁には、ポスドクならびに学士・修士号取得者向けに、こちらの応募をされています。
(1)産総研イノベーションスクール研修生(ポスドク対象)
(2)専門技術者短期育成事業育成技術者(学士・修士号取得者対象)

http://www.aist.go.jp/aist_j/announce/au2009/au0514/au0514.html

時期が今応募から3月31日までなので、職場復帰の取っ掛かりとしては良いかもしれませぬ。
しかも装置豊富な産総研で、スキルを付けて下さるってんだからスンバらしいと言えましょう。
(専門技術者のやつなんて、危険物取扱者等の専門的な資格の取得に必要な費用を負担してくれちゃうんですって☆)
応募締め切りは6月15日とありますが、内々でしたら6月8日くらいじゃないでしょうか。

この内々っていうやつですけれども。
一応、お若い読者の方のために書いておきますと、こういう職はあらかじめユニット(研究チーム)の推薦があったほうがベターです。大学院の研究室を受験されるのと同じ感じだと思ってください。
応募なさる前に、ご自身の分野に近いユニットを、お知り合いを通じてもしくは直接伺うのがよろしいかと☆



朝刊配達の音がする・・・せっかくのわが子との週末を、睡眠不足でだめにして後悔するんだろうな。でも何かしていないと、不安でしょうがないのです。
だめだめーな私ですが、応援クリックしてやってください・・・↓
人気blogランキングへ

お時間がありましたら,ぜひこちらもご利用ください↓
ワンクリック募金
sachi * ”女性”科学者 * comments(12) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * - * -

コメント

国研の主任研から国立大の准教授になって3年になる、一児の親です。
悩みがあって、どうしても眠れない日って、ありますよね。管理人さんは、周りからみたら幸せ一杯で、悩む必要なんかないように見られているでしょう。悩みなんて、その人にしか分からないですからね。大学の教員て、子供の親って、悩む姿を見せられず、強い自分を演じてなきゃいけないから大変ですよね。研究のこと、学生のこと、家族のこと、悩みの対象が同じ教員は多いと思いますよ。そうは言っても、悩みの内容が少しずつ違うから、結局は自分だけの悩みになっちゃうんですけどね。
あっ、気付いたら、夜が明けてきた。
Comment by まあ、いいか
「ブログのさち」さま おはようございます。投稿時間から見ると,細切れ睡眠のようですね。15ヶ月児を抱え,仕事を持っていると大変ですね。
ご自愛を。浅い睡眠は体に良くないので,神経科か心療内科でショートタイムの睡眠薬か入眠剤を手に入れておくとかなり違います。

孫娘が13ヶ月なのでいつも興味深く読ませていただいております。
Comment by 5513
中央大学での事件は大学関係者には衝撃的ですね。きわめて例外的なことと考えてしまえばいいのですが。
Comment by ゴロー
寝られないのは恐らく夜遅くまでパソコン画面とにらめっこをしているせいじゃないかな。懐かしいラジオ体操を寝る前に3回通りぐらいやって少し肉体的につかれるといいんじゃないかな。精神的なことは健康的な肉体の疲れで解消するのが案外楽だ。
Comment by どこにいるの?
温かいミルクも効果ありますよ。
(この時期暑苦しいけれども。)
Comment by たまこ。
初めまして!いつも興味深くブログ拝見させて頂いております。私は、3月に博士号を取得し、4月からポスドクをやっております。そして、2児の母です。夕方に研究室を飛び出す毎日に、育児・研究と悩みはつきません。時間が圧倒的に足りず、分身できないかとか、手が8本になる方法はないかと思ってしまう今日この頃です。8本の手で仕事している自分を想像したら、なんかすっごく笑えてきました。子供二人に4本は取られるだろうな・・・・・。2本ずつ、2台のPCに向かえるけど、司令塔の脳が一つじゃ無理かしら!?管理人さんは手が8本になったら、どんな風に使いますか?5月に入って、自分の能力etc.でかなり落ち込んでいるのですが。でも、女の子だもん、可愛い服を着て、週明けからまた頑張りましょー!
Comment by みゅうこ
いつも拝読しておりましたが、私も今同じ様な症状で、sachi先生だけじゃないですよ〜と、なんとか応援コメントしたいと思い、初めて書き込みします。
旧帝大で生物系のポスドクをしております32歳、もう年なんだし、そろそろ子供を産めと、無責任に周囲から言われ、大御所ラボにかじりつきながら給料貰って仕事しつつ家事をやるだけで気力・体力ともに限界気味なのに、ここで子供まで授かったら、本当に倒れてしまうではないか!と思いつつ、いつもsachi先生のブログを拝読し、陰ながら応援しております。
幸い、毎日疲れ果てて夜は良く眠れますが、論文や申請書書きなどデスクワークの多い日は、脳が活性化してしまって中々眠れません。
そんなときはカモミールティーを飲むようにしています。プラシーボ効果もあり?夜中目覚めること無く熟睡できます。
私も色々考えてしまうと、大きな不安が襲ってきて、理由も無く泣いてしまったりすることがあります。
ちょっと疲れているんだよ、と言い聞かせて、そういうときは一日10分でも、自分の時間を作って、好きなこと、たのしいことをするように心がけています。仕事中に構内を散歩とか、屋上に上って深呼吸、とか、本当にささいなことではありますが。
それでも駄目な時もあり、一週間以上落ち込み続けて、風邪でもないのに熱が出てしまったり。やはり溜め込まないで、忘れたり吐き出してしまうのが良いように思います。私は、母親に泣きながら電話してスッキリしたりします。何も解決はしないのですが、不安は軽減する気がします。
どうぞ、できなかったこと不安なことを数えるよりも、できたことを思い出して、あまりご自身を追いつめないようにしてくださいね。
女性研究者って辛いな、逃げたいな、男はいいよなって思う時もsachi先生のブログ読んで、sachi先生も頑張ってる、私ももうちょっと頑張ろうって元気を頂いています♪
Comment by
すみません、コメントに熱くなりすぎて名前を入れるのを忘れました。↑直上の名無しは私です、、、
Comment by はな
疲れているお母さんも、ちゃんと子供に見せた方がいいですよ。

「子供には、理解出来ないから。」と、いつも元気を装うのはとても良くない。

分からせんとあかんのですよ。いつも元気なふりして、突然倒れるのが、却ってきついよ。

例えば、普通のお母さんの半分しかしてあげられないのなら、その半分を一生懸命にやってあげれば十分です。

無理して、他所の百に合わせる必要ない。
Comment by JosephYoiko
僕は幼少時人をよく噛んでたらしいですが、今はそんな衝動もなく、特別問題も無く過ごしております。
ついでに言うと病弱で、よく自家中毒になったり中耳炎になったりで、果てには小児慢性疾患という医療費が免除される病気にもかかりましたが、それでも今は元気にやってます。
お子様もきっと大丈夫ですよ。
たった一人の話をされたところで、という話ですが、一応こういう例もいるということで…。
Comment by ハーネス
噛み付くだけではなく、子供同士の諍いはこれからどんどん増えますよ〜。
でもそれは他の子との関わりが増えてる、つまり成長の証だとおもうんですけど?
因みにうちは噛まれる方でしたが、長い目で見るとお互い様だと考えてました。
そろそろ「子供とずっと居る事が出来ないから、そのせいで…」という考え方はしない方向でいいんじないかと思います。
自我が芽生えてきたんですから、保育園で沢山の大人、子供と接する事は絶対にプラスに働くと思います。
専業主婦で子供に付きっきりも利点はあるとは思いますが、あれだけの交流を子供にさせるのは今のご時世難しいです。
Comment by midori
★皆様(ってなっちゃってすみません)、

本当に、ほんっとーにありがとうございます(TT)
どのお話も、とても勇気づけられました(T-T)

結局この週末は、体が辛いと言うより心がダウンしていました。
でも、先ほどとあるお仕事依頼をうけたら、だいぶ前向きになりました・・・単純★
Comment by sachi
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ