<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 生後2ヶ月 職場復帰、の現状 | main | 早起きは・・・ >>

サイエンス コミュニケーター

ぼたん<本日の写真>ぼたんの花がこんなに大きいなんて、知らなかったー・・・



・・・夜中にぱちぱちと新書書きをやっている管理人です。
えぇすみません、
まだ書いています orz

編集者様に忘れられちゃったんじゃないかという不安と戦う今日この頃でございます
ε-(;ーωーA フゥ…



今調べているのは、サイエンス・コミュニケーターの現状。
サイエンス・コミュニケーターっていうのは、科学を一般の方に伝えるって感じの人材のことでございます。

んで、今知りたいのは、ずばり、



サイエンスコミュニケーターで
食っていけるのか(爆)




私が存じ上げているサイエンス・コミュニケーターの方は、もともとは研究者だった方が引退され、その後サイエンス・コミュニケーターの資格をとり、ほとんどボランティア感覚でやってらっしゃるんですよね。

他に、サイエンス・コミュニケーターとして有名なのは、東北大学のサイエンス・エンジェルかなぁ。
http://www.morihime.tohoku.ac.jp/sa/index.html
・・・これは基本的には学生さんだろうから、稼ぐことは目的じゃないよなぁ。


ちなみにね、「サイエンス コミュニケーター」で検索すると、最初に出てくるのはこちらのサイトなんですよ↓
Science Portal
http://scienceportal.jp/HotTopics/s_communication/

こちらでは
「科学技術についてわかりやすく伝えたい、そして、市民の質問や意見を専門家に伝えたいという双方向コミュニケーションを目指すサイエンスコミュニケーター」とあり、サイエンスコミュニケーターがなんとなく一職業的な感じで記載されていて。
そのコミュニケーターの中には、教授のほかに日本科学未来館の方々も・・・

ってことは。
そのつまり。

たとえば博物館で説明している方なんかも
サイエンス・コミュニケーターということで
よいのでしょうか
orz




あぁだれか、私に、サイエンス・コミュニケーターなるものの講義をしてください・・・
バタリ (o_ _)o 〜〜〜 †



たぶん、職業名って訳じゃないんですよね。きっと。疑似科学批判「活動」と同じように、サイエンスコミュニケート「活動」として捉えるべきなんだろうな。
とにかく隙間時間に必死に仕事をしている私に愛の手をっ・・・↓
人気blogランキングへ

お時間がありましたら,ぜひこちらもご利用ください↓
ワンクリック募金
sachi * 日記:研究 * comments(12) * trackbacks(4)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * - * -

コメント

sachi様

以前トラックバックさせていただいた
モリキン@学者のたまごでした
です。

以下のサイトが参考になると思います。

私はそれだけでは職にはならないと認識しています。

科学技術コミュニケーターって?
http://costep.hucc.hokudai.ac.jp/about/index.php

科学技術コミュニケーターを教育している
北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット
CoSTEPの理念
http://costep.hucc.hokudai.ac.jp/costep/index.php
CoSTEPの特色
http://costep.hucc.hokudai.ac.jp/about/index.php

#私,上記CoSTEPを受講しています。

#相方が臨月です。sachiさんの心境を参考にさせていただくと同時に,sachiさんのblogでの発信に応援の気持ちを持っています。
Comment by モリキン
sachiさんの出身校の理/工両方に広報担当の方がいますよ。
お二人とも、先生方よりもずっと有名だと言われてます。

カソウケンのひとと、HYさんとです。
Comment by うふふ
sachiさん
私も以前,モリキンさんと同じくCoSTEPの講座を受講していました.
サイエンス・コミュニケーターは,ヒトによって解釈がばらばらなので,一概に言えないと思うのですが,私個人の意見では,博物館や科学館の職員もボランティアも,はたまた巷でサイエンスカフェなどの活動を行っている人たち(業務であるかどうかは関係なく)はすべて包含されると思っています.一部では,ボランティアをコミュニケーターの範疇に含めない方もおられるようですが.

一度,お時間があればsachiさんを含めある程度の人数で集まって「サイエンス・コミュニケーターって何?」というキーワードのもとにオフ会でもやりますか?
Comment by K_Tachibana
サイエンス・コミュニケーターとはちょっと違うかもしれませんが、
製薬会社の研究者をやめて、、
サイエンスライターに転身された方をしってます。

佐藤健太郎氏
http://ja.wikipedia.org/wiki/佐藤健太郎_%28フリーライター%29

有機化学を世に広めるという志のもとで、
ホームページでの活動を中心に、
サイエンスカフェなどにも参加されてたり、
Wikipediaの編集なんかにも参加されてます。

最近では、本出したり、連載もしています。
ただ、会社時代の収入から考えると、、
ボランティアの世界にとびこんだようなものかもしれません。。

アカデミックな人以外でも、もっとサイエンスを世に広めるための活動をされる方が増えてくれればいいなぁ、と思います。私も、ささやかながら三角してみたいなぁ、と思っております、、




Comment by 薬作り職人
薬作り職人さま
佐藤健太郎さんとは,サイエンスコミュニケーション関係のオフ会でご一緒したことがあります.新潟のサイエンスカフェに出られていますよね.

●第9回サイエンスカフェにいがた
http://scienceportal.jp/contents/guide/0804/0804194.html

私は本業の仕事をしながら,余暇としてサイエンスコミュニケーションというのがもっとあってもよいと思っています.薬作り職人さまもぜひ!
Comment by K_Tachibana
★モリキン様、

きゃあああ☆ ありがとうございます☆
まさにこういった定義が書かれている場所を探していたのですっ☆☆☆
本当にありがとうございます〜
ワーイ ( ^-^)o-o<※ ☆ パンッ
Comment by sachi
★うふふ様、
★薬作り職人様、

をぉ、お教えいただきありがとうございます
わぁいヽ(ω・ヽ)(ノ・ω)ノ わぁい♪

お教えいただいた現在の認識は、基本芸人と一緒だなぁと。
稼げる人と稼げない人がいて、芸人の中では「何年選手」というのが重要だったりして。
Comment by sachi
★K_Tachibana 様、

ほえ。
「ボランティアをコミュニケーターの範疇に含めない方もおられるよう」なのですか・・・

わぁ、もう少し調べてみます(><)
Comment by sachi
お久しぶりです。

私的思い付きですが、サイエンスコミュニケーターというのは現状では、職業ではたぶん無理で(一部の才人とコネ持ち以外は)、「役割」ではないのかな。

医者が市民講演会で話をするのもscience communicatorの役割でしょうし。。。

そもそも日本で「科学者」という職業はないわけで。。。大学の先生、企業の研究者、公共機関の研究・技官などという職業はありますが。。。
Comment by スーパーTS
★スーパーTS様、

そうか。そうですね。
日本には研究者はいても科学者がいないんですね。
researcherはいてもscientistがいない・・・

・・・

な、なんか、触れてはいけない部分に触れてしまった気がっ・・・(爆
Comment by sachi
げ、私、飛行機乗る時職業欄にscientistって書いてたわ、いつも。
(アメリカ行くときはちょっと悩むけど・笑)
そんな職業ないんですか?でも私、所属とか微妙にないし。ま、いいですよね?

サイエンスって響き好きなんだけどなあ。
みなさんは、職業聞かれたらなんて答えて(あるいは書いて)いるんですか?
Comment by tomo
★tomo様、

わかるわかる、サイエンティストの方が響きいいよね。
でも飛行機欄には素直に職業名かいてたなぁ…ポスドク時代は辞令にspecial postdoctoral researcherって書いてあったから、researcherって書いてたと思う
f^_^;
Comment by sachi
コメントする









トラックバック

【閑話休題】「サイエンスコミュニケーターで食っていけるのか」

sachiさんの最新ブログエントリーから. これって永遠の(?)触れてはならない命題(??)かも... 実は,三島での研究会の懇親会でも,同じような話が出たのですが,とてもブログ ではアブナくて書けません...orz
From Science and Communication @ 2008/05/11 10:38 AM

[サイエンスライティング]サイエンスコミュニケーションで食べていく?

a 女性科学者のスペース2のsachiせんせのエントリ「サイエンス コミュニケーター」で、「サイエンスコミュニケーターで食っていけるのか」という問題(?)提起が。 サイエンスコミュニケーション一本で食べていっている方と言えば、森山和道さん? 竹内薫さん? で
From 理系兼業主婦日記 @ 2008/05/11 4:08 PM

[サイエンスコミュニケーション]科学技術コミュニケーターで食べていく

今調べているのは、サイエンス・コミュニケーターの現状。 サイエンス・コミュニケーターっていうのは、科学を一般の方に伝えるって感じの人材のことでございます。 んで、今知りたいのは、ずばり、 サイエンスコミュニケーターで 食っていけるのか(爆) :: a 女性科
From KASOKEN satellite @ 2008/05/11 10:17 PM

サイエンスコミュニケーターより理系編集者でしょう、やっぱり。

東京理科大学のマドンナプロジェクトのことを紹介しましたが、 理系女子は、もてます! トラバした元ネタを書いたK_Tachibana さんが、ご紹介...
From 若だんなの新宿通信 @ 2008/05/12 11:24 AM
このページの先頭へ