<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< おきなが飴 | main | サイエンス コミュニケーター >>

生後2ヶ月 職場復帰、の現状

こいのぼり<本日の写真>季節はずれになっちゃった★ カワセミのいた公園(http://a-scientist.jugem.jp/?eid=522)の池に、こいのぼりがたぁくさん♪



土曜日。
家族が家にいて、赤子の面倒を見てもらえる間に大学へ行き、書類の整理をする予定でしたが。
頭が痛くて足も重くて完全ダウン★

なんてこたない、
ただの睡眠不足です
ヽ( ´ー)ノ フッ


アウアウ言ってるわが子を横に、昼間一緒に寝ることで、なんとか復活いたしました
( -.-) =зフウー
折角なので今日は、今のうちに書きとめておきたかったこと、そうずばり、生後2ヶ月職場復帰 その現状をメモっときたいと思います。
ポリポリ (・・*)ゞ



出産前の私の思いはこんな感じ↓
http://a-scientist.jugem.jp/?eid=434
赤ん坊を産んだ後の大変さなんてぜーんぜん知らなかった、青い青い時代です
ヽ( ´ー)ノ フッ



そして実際、産後二ヶ月で復帰して、一ヶ月ほどたった現状で、大変だったこと。



第一位は
とにかく体力 orz

わが子は結構眠る方ですが。
それでも夜中には一度ならず起こされ、常に睡眠不足の状態で、わが子を保育園に預け、大学へ向かうわけです。
保育園に預けられる時間が短いこと、および自分は通勤時間が長いことから、大学にいれる時間は本当に休む暇がありません。
お昼はサンドイッチを学生とディスカッションしながら口に頬張り、スキを見ては必死に搾乳★

家に帰れば、赤子の世話をしながら家事をしながら講義の準備をしながら論文を書きながら研究室運営に必要な電子メールやりとり(爆)
父や母と一緒に住んでいる私ですらここまで大変なのですから、両親と同居していない場合はどれだけ大変なんだろう orz



そして第二位!
自分の心の問題 orz

実際たぶん、母親がいなくったって、子供はまともに育つのです。
だってそうでしょう? 母親を小さいときになくした子供がみんなおかしくなるなんて、そんな話はないでせう。
母親じゃなくても、愛情を注いでもらって、信頼関係を生み出すことができれば、この時期は大丈夫なはずなのです。
大丈夫じゃないのはとにかく母親の方。。。

そう、たとえば生後一ヶ月だとこんな感じだった↓
http://a-scientist.jugem.jp/?eid=569
そして生後二ヶ月だとこんな感じ↓
http://a-scientist.jugem.jp/?eid=581

キャリアウーマンの大先輩である母には「割り切りなさい!」って怒られますが、そうそう簡単に割り切れないのがわたしってもんなのさ
( -_-)フッ



第三位!
とにかく大学にいれる時間が短い orz

これはまぁ・・・第一位と第二位の問題をクリアできれば解決できると思うんです。
しかも通勤時間が長い私特有の問題だとも思うんです。

たとえば論文を書くのにも、できれば最新の論文を引っ張ってきたいんですよ。
で最新の論文を引っ張ってくるには、web of science(http://www.thomsonscientific.jp/products/literature.shtml)
とか、そういうちょっと特殊なサイトへアクセスする必要があるんですね。
これは勿論有料で、大学ならアクセスできるんですが、家からだとできないんです★
他にも、産休中にたまった郵便物もまだ整理できていませんし・・・
ε-(;ーωーA フゥ…




まぁ結論として、生後2ヶ月で職場復帰する最強のライフスタイルは
職場に保育園があって
職住近接で
赤子の面倒を見れるくらい元気な両親との同居・・・



そんな夢のような状態のキャリアウーマンが
何人いるんだろう
ヽ( ´ー)ノ フッ




あ、ちなみに、母乳で育てている私の場合の二ヶ月復帰の三種の神器は、

・搾乳機(色々教えていただいたのですが、私は結局、義理の妹からもらったこれを使ってます(;´▽`A`` 手動がおすすめ↓
http://www.kenko.com/product/item/itm_8833321072.html


・電子レンジ消毒器(どれでもいいと思いますが、私はたまたま目に付いたこれを使ってます↓
http://pigeon.info/syouhin/catalog/book_010_0695.html


・母乳冷凍バッグ(私はここの母乳バッグ使ってます↓
http://www.kaneson.co.jp/product/milk.html


でございます(爆)。



「若者よ 体を鍛えておけ」の言葉を日々かみ締めるわけでございます ( -_-)フッ
ネオブログの葉名真樹子さんのひそかなファンだったりします♪(40%の確率で自然科学部門へ飛びます↓)
人気blogランキングへ

お時間がありましたら,ぜひこちらもご利用ください↓
ワンクリック募金

sachi * 日記:育児 * comments(7) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * - * -

コメント

日本が少子化になる理由がよく分かりますね。特別な例を除いて、若い人は子供で経済的肉体的に苦労したくないのでしょう。昔の話をすると怒られますが、決して裕福ではなかったが、私の両親は6人も子供を生産しているのです。そしてこのような例は何も特別でもなかったみたいです。何か不思議な気がします。今になって知る親の恩ですね。
Comment by ゴロー
電子レンジ消毒器、うちでもそれ使ってます。でも、使っているうちに入れ物が少しゆがんできて(熱のせい?)、中のトレイのはまりが悪く(ゆるく)なるんですよね。あと、中のトレイの「つがい」の部分がわれやすいです。半年たつまえに、一回買い換えた方がいいかもですよ〜
Comment by yoshi
★ゴロー様、

お手伝いさんとも話してたんですが、昔は大家族だったりご近所付き合いが強かったり職場も遠い方は少なかったりで、最強のライフスタイルにかなり近かったと思うんです
f^_^;
Comment by sachi
新しい生活が少しずつ軌道に乗ってらしたかな。
そうそう、昔ってホント最強ライフスタイルに近かったと思います。地域ぐるみでなんとなく、まわりの大人全体が子ども全体を見てくれていたから、一々全部家庭内だけで完結しなくてもすんだんですよねー。
これ、子どもが幼稚園や学校に行くようになるとますます痛感します。今はラジオ体操も親付き、お遊びも低学年のうちは相手のお家へのお迎えも、という親が多いです(特に女の子)。ま、治安が悪くなっているというのもあるとは思いますが、とにかく「育児は個々の家庭の勝手なんだからそれぞれの家庭ですべてやれ」という姿勢の個人主義のせいで、人間一匹育てるのにかかる手間ひまがメチャメチャ増えてます。それもこれも、都市一極集中型のライフスタイル、が大きな原因なんですよね。
民主主義的な個の確立とか、権利の主張とか、そういうのって育児に関しては効率を著しく下げている原因な気がしています。
育児世代は、おばあちゃんの口出しやご近所の無責任な会話に目くじら立てず極力周辺に配慮する、ジジババ世代ものんびりライフばかりを堪能していないで(年金とか権利の主張ばかりしないで)子どもの騒音やイタズラを叱りはするけどクレームにはせずに見守る、とかいうおたがいさま精神が社会全体で築かれていかないと、少子化、絶対ますます進むと思います。
Comment by のの
★yoshi様、

おぉっ、貴重な情報をありがとうございます♪
次はアウトレットで安く手に入れようっと
o(^-^)o
Comment by sachi
★のの様、

私、治安が悪くてキャリアウーマンが多いニューヨークとかではどうやってるんだろうって不思議でなりません…
基本ベビーシッターなんでせうか
(?_?)
Comment by sachi
遅い反応ですみません。
ニューヨークに限らず、現代日本以外では中流以上の家庭はお手伝いさんがいるのがデフォでは?
日本でもつい最近までは、少し大きいおうちでもお手伝いさん、いましたよね。(うちの母方の実家(サラリーマン)にもいましたよ)私の大学の教授(女性)宅にも通いのお手伝いさんがいます。
オーペアとか、フィリピン人の女の子とか、ま、それはそれで問題多いですが、アウトソーシングの一環という事なのでしょう。私も猛烈に欲しいです、掃除してくれる方…
Comment by すずむし
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ