<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 崩壊。 | main | 教育のプロ >>

最低限、身につけて欲しい事

黄色い花<本日の写真>おしべがいっぱい。



下記エントリーではたくさんの暖かいお言葉をいただき、 本当にありがとうございました(TT)
まだ本調子ではないのですが、とにかく今晩は家でのんびりと片づけをしています。

ま、とりあえず、ブログはなんとか調子を戻すとして
ヽ( ´ー)ノ フッ



今年のうちの子達は、本当に熱心。
秋の学会申し込みに向けて、とにかく頑張ってくれてます。

んが・・・

研究能力に必要な項目(http://a-scientist.jugem.jp/?eid=284)を列挙し。
それを鍛えるべく設定したゼミ(http://a-scientist.jugem.jp/?eid=321)を行っているわが研究室ですが。
もっともっと根本的なことをやらないといけないことがわかってきました。
( -_-)フッ



うんたとえば、基礎的な数学とか忘れてるみたいだしさ。
うんたとえば、パワーポイントでの図の描き方とか、「壊れやしないから、いろいろいじくってあそびな」って言っても、なかなかできないみたいだしさ。



ゲーム世代なはずなのに
orz




・・・というわけで、学士で社会に出て最低限恥ずかしくない物理化学分野での教養+プレゼンの作り方、なるものを教えるため、「めっちゃ直前これは基礎」ゼミを週に一度、30分くらいやることにしました。
というわけで、現在思いつく項目を挙げてみたいと思います。

ポイント:彼らの専門とは関係なく、物理化学分野で「知らないの!マジなにやってきたの?」といわれそうな項目



・単位計算 フェムトからテラまで。指数計算ふくむ(ちょっとふやしましたーby5513様のコメント☆)
・MKSA単位系(という言葉そのもの)
・光の種類(紫外可視光赤外ほかほか)
・モル計算、およびモル濃度、重量濃度、容積濃度の区別
・統計学基礎 (5513様&K様&温泉カワセミ様より。教えるのは難しいけれど必須な学問なことを再認識です★)

・Web of Science(文献を検索するものですー)
・Google Scholar(nenpiro様より☆)
・インパクトファクター、そして有名どころの雑誌名
・カタログの読み方

・MicrosoftOffice系の図の書き方、アウトラインの概念
・科学で使われている主なグラフソフトの名前
・科学で使われている主なドローソフトの名前




・・・うう、頭がちゃんと回っていない今の自分には
ちゃんと思いつかない
OTZ


「これもこれも」というのがありましたらお教えください・・・
バタリ (o_ _)o 〜〜〜 †



すごいなー・・・本当に頭が動かないんですよ。ある程度決まってることなら書けるのに、ゼロから生み出せない★↓
人気blogランキングへ

お時間がありましたら,ぜひこちらもご利用ください↓
ワンクリック募金
sachi * 日記:教育 * comments(35) * trackbacks(1)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * - * -

コメント

学生は興味を持てばどんどん引き込まれていきますね。どこに面白いことがるのかわからないみたいです。そこのところを教えてるといいのですが、私ぐらいの年では、ここが面白いと思っても、期待はずれだったりします。そうかと思うと、何でこんなことにと思うこともあります。さち先生はまだお若いから学生の感覚に近いですね。参考にします。http://iiaoki.jugem.jp/?eid=939#sequel
Comment by ゴロー
そういえば論文検索では最近 Google Scholar があるようです。
http://scholar.google.com/
 
こちらにデータを提供しているデータベースはこちらです。
http://ci.nii.ac.jp/
 
sachiさんの博士論文もありました。
Comment by nenpiro
手をかけると、失われるものもある。しかし、手をかけないと、間に合わない。ジレンマだね。たぶん、雨の日は車で塾までおくってもらっていたような人生経験しかもっていない人々の集団。下宿には親がそろえた家財道具がおいてあるに違いない。いっそのこと車で逆方向につれていき、そこで放置し、何とかしてみなという教育をするといいかもしれない。でも、そのときには保護者にアンケートかなんかとって、承諾を得てやるんだろうな。世も末だ。……ということは新しい世の中の到来ということだ。今のうちにさちさん画策画策種をまこう。
Comment by どこにいるの?
ふーむ、緑の本文sachiさまの大学の実情はましなほうですね。

単位系:テラまで必要ですね。
電子波:電磁波だけでなくMKSA単位系での量の把握と代表的尺度の物の例。
指数計算:自然対数から常用対数への底の変換、±桁の多い式の電卓計算など。
濃度:モル濃度、重量濃度、容積濃度の区別
パワーポイント、エクセルのグラフ化は結構やれますね。
カタログの見方:かなり教えるのかなり困難、理解に必要なバックグラウンドを教えるだけで、特定分野でも1冊の本になってしまう。
文献検索:かなり大変:タームが身についていない。キーワードを知らないと検索困難。国内だとJSTのJ-Dream2がありますが、有料。
 特許検索なら無料のIPDL
計算:公式を使って別の変数について整理・計算
   式のままの連立方程式の計算
   電気・電子系だと複素計算
統計学:ばらつきのあるデーター解析の常識

この辺が弱いと、設計者として企業で活躍できない。とはいえ、この辺の状況は10数年以上前から生じているようです。

sachiさまが一人でこの課題を背負わないでください。sachiさまの大学の卒業生は国立大学に比べて優秀な方ですから・・。

企業内教育も20年やってきた男からのアドバイス。
 


Comment by 5513
ほー、相変わらず理系はまともですね。きちんと勉強しなきゃいけないしさせようとしてる。よい姿勢です。まっ、その分、リスク・リワードがきちんとしてれば問題ないのですが(苦笑)。

その点、文系の大学教育って学生にどこまで訓練させるんでしょ?偏差値の非常に高い超某有名私立大学の、これまたそこの看板の文系学科の院を卒業した修士を知ってますが、分析能力含め理系の大学院出身者との能力の違いをマザマザと見せ付けられました。もっとも、一人しか知らないので、この方が一般的とはいえませんが、学部卒も見てると考えてしまうのは私だけ?
Comment by outlaw
★ゴロー様、

研究自体を面白がらせること…
私には出来ていないかもしれません
(>_<)

ちょっと反省…
orz
Comment by sachi
わたしのようなしょぼいスライド作り程度では
フォントを揃える(何故かボスのお勧めは日本語はMS Pゴシック、英数はComic Sans MS)
フォントの色を同系色、補色の配置を考える
フォントのサイズを充分見える大きさにする

発表はゆっくり制限時間イッパイに読む
などです
Comment by TE2
お久しぶりでございます。

僕は数学専攻なんで、計算ということで、「mathematica」場度でいろんな関数グラフを作って遊んでみるってのは?いかがですかね??

あ、ゼミの勉強しないと・・・。
Comment by ゆうたろ
統計学の概念と基礎も必要だと思います。
Comment by K
もうゲーム世代じゃないらしいですよ☆
『今の子はゲームをやってみと差し出すと、難しそうだからいいです…と後ずさりする。』
って危機感を覚えてWiiができたらしいですから。

パワポは知的お絵かきツールとしては不向きだと思います。
書きたい絵が浮かんでればパワポでも頑張れると思うのですが、それ以前に考え方、図表化、図式化がのところで躓いているなんてことありませんか?まずは紙ベースででも。

物化はわかりませんが、以下、図式化初歩の教科書として。
『マッキンゼー流 図解の技術 ワークブック』東洋経済新報社(練習帳形式です)
『マッキンゼー流 図解の技術』東洋経済新報社


個人的には、何かを"する"のはOKだけれど、何かを"通して"何かを"考える"ことが苦手な人が意外と多いのかもしれないと感じることがあります。
Comment by mitu
★nenpiro様、

きゃーなるほどっ!
ぜひそれも入れさせていただきますっ
Comment by sachi
sachiさん、

>・・・というわけで、学士で社会に出て最低限恥ずかしくない物理化学分野での教養+プレゼンの作り方
>ポイント:彼らの専門とは関係なく、物理化学分野で「知らないの!マジなにやってきたの?」といわれそうな項目

う〜んと、分野を限定しないってぇのは、結構難しいけど、

○学問系で抜けてるもの(ワタシのぢゃ、ちょっと化学系に寄りすぎ?)

・熱力学(最低限、『エネルギー』のイメージは掴めるくらい)

・反応速度論(最低限、基本的な考え方)

・統計学の初歩


○プレゼン系

・自分の既知の内容を『素人』に伝える訓練
 結局、彼らは「いじっても良い」と言われたって、何の目的でいじるのかすら判ってないと思うのね。だから、例えば卒研の中身でも良いし、彼らの興味のあること(趣味)とかでも、全くの素人にプレゼンする練習ってのを、強制的にしてみるのが良いと思うです。

 プレゼンの大事な所は『客層を意識する』ってところやと思うので、ココが出来てないと、まず相手に伝わらんからねぇ。この手のはいっぱしの学者でもあかんヤツはまるでダメやったりしますね。先月まで行ってた出稼ぎ先で、内部から上がってくる出来の悪い説明文やポンチ絵にどれだけ泣かされたか・・・・

・他人の話を聞いて要点を理解する訓練ってぇのも要ると思うよ。で、良いとこも悪いとこも自分のプレゼンにフィードバックすると、上達は早いから。まぁココまで手取り足取りせぇなアカンかは疑問ですが・・・


○『学士』対象と考えた場合、特に要らないと思うもの

・たぶん、sachiさんのあげてはる代表的なソフトの名前なんかは、別に要らんと思うです。結局は何を使ても良いから目的の絵を掛ければ良いだけの話。まぁ一般的なモノほど互換性はあるけど、特に拘る必要はなくて、自分がやりやすいモノで、やりやすいようにやる方が結局は効率的やと思うんだなぁ。

・『有名どころの雑誌名』くらいは知ってても良ぇけど、『インパクトファクター』は不要。インパクトファクターって、結局は『学者の村社会』でしか通用しないもんやし、一般社会では全く必要のない指標やから。今の日本じゃ、普通、学士さんは学者にはならんからねぇ。


思いついたのは、こんなモンかなぁ。
Comment by 温泉カワセミ
★どこにいるの?様、

うっ・・・

(じつはかなり過保護に育った私には返す言葉がっ・・・)
Comment by sachi
★5513様、

わー、ありがとうございますっ。
企業側のご意見はとても貴重ですっ。

追加させていただきます
≦(._.)≧ ペコ
Comment by sachi
僕はWeb of scienceより SCOPUS派かな
Comment by aki
あと統計的な面ではリッジ回帰ぐらい理解していて欲しいと思う
Comment by aki
>本当に頭が動かないんですよ。ある程度決まってることなら書けるのに、

これは「うつ病」の症状かもしれません。その他の症状も含め小生の経験ととてもよく一致します。心療内科を訪ねられることお勧めします。早く治療を始めれば回復も容易です。
Comment by shunta
>本当に頭が動かないんですよ。ある程度決まってることなら書けるのに、

これは「うつ病」の症状かもしれません。その他の症状も含め小生の経験ととてもよく一致します。心療内科を訪ねられることお勧めします。早く治療を始めれば回復も容易です。
Comment by shunta
★outlaw様、

偏差値が高い大学では、放牧的教育が多いのだと思います。
学生はブランドだけでなんとか職がみつかりますもの★

うちは・・・・・・・・・・(以下自粛
Comment by sachi
★TE2様、

(。・・。)(。..。)(。・・。)(。..。)ウンウン
プレゼンのフォーマットはパワーポイントテンプレート任せのワタクシですが、やはり基本はちゃんと教えないとですね。
メモメモ...φ(._.*)y-。o0
Comment by sachi
★ゆうたろ様、

うふふ、mathematicaはね・・・
ライセンス料が「たっかーーいっ!」んですよ・・・

買おうかどうしようか悩んでますもんいまだに★
Comment by sachi
★K様、

ありがとうございます♪
実は自分自身が統計が苦手なのですが(え)、頑張って教えます

統計に関しては無駄にExcel使いの私 orz
Comment by sachi
★mitu様、

わーお。図解の技術、なんてのもあるのですね(@@)
参考になります、ありがとうございます
(._.)φ イタダキ!!

学生君に「パワーポイントで図を・・・」といったら「ペイントがいい」といわれました。
うーん、なるほど・・・
Comment by sachi
「ペイントがいい」(+_+)\バキッ! ☆

パワポは決して描きやすいもんじゃないってだけの話で
『あるもんで書け(-_-メ)』って言ってしまうかも。
キレイに格好いいものに拘りがちってことであれば(私がそういうタイプ)。

何を使ってもいいのだけれど、サクサク時間内に意図が伝わるものをってのが一番大事ですから。そういう意味じゃパワポって優秀だと思うようになりました。
Comment by mitu
★温泉カワセミ様、

わー、ありがとうございますっ♪
反応速度論に関しては・・・もしかしたら彼ら講義そのもの受けてないかもしれませんっ・・・(そう!かれらは物理系★)

各論の詳しいものではなく、「こんな学問があるぞガイダンス」を一気にやってみるのも手だなぁと今思いました
うーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞ


「インパクトファクターって、結局は『学者の村社会』でしか通用しないもんやし、一般社会では全く必要のない指標やから。」

う。確かにそうかもっ・・・★
目安は、「うちの子たちが某国立大の修士に入ったときに、恥ずかしくない教養」にしたのでございます。

インパクトファクター知らない院生って、きっと結構いるんですよね
ポリポリ (・・*)ゞ
Comment by sachi
★aki様、

Scopus!

・・・実は研究員になるまで知りませんでした orz
日本語のチュートリアルが丁寧ですよね。うちの大学はいれるかしら・・・
Comment by sachi
★shunta様、

うふふ…
ポスドク時代ボロボロになって行ったら、「貴方にはカウンセリングは必要ありません」といわれました(ふっ
それ以来、医者は基本的に頼りません★
Comment by sachi
Scopusに慣れるとWeb of Scienceに戻れなくなるという「諸刃の剣」ですけどね
Comment by aki
>「最低限、身につけて欲しい物」
と言えば

・・・・・パンツ?

プレゼンに於いて パワポなどパンツみたいなもんですね^^
まず学生諸君は色んなパンツを試してみろと
ちょっと冒険してみるのも たまには良いぞと

ええ、
もちろん肝心なのは その中身ですが(笑

・・・・・


ヒー 
ごめんなさーい
こんなの書いたら
ネット越しであろうが 殴られそうな気がしてきた^_^;)
Comment by kobsap
★aki様、

うーん、ざっと見た限りでは、うちの大学からはなさそうです・・・
代わりにEBSCOって言うのがありました。
これも知らなかったです orz


★kobsap様、

ふ・ふ・ふ。
ではご要望にお答えして、
オィッ! ( ・_・)o/☆(ノ゜゜)ノ イテッ!
Comment by
フリーウェアですし、Scilabを使ってみて下さいと宣伝してみる。よいこちゃん@元中の人(^^;。
http://www.scilab.org/
Comment by JosephYoiko
JosephYoikoさま、

「Scilab」、ご紹介ありがとうございました!

なは、別に活用できる才があるわけじゃござんせんが、
しらなかったソフトを知るのはなんかうれしい凡人
オヤジです。\(^o^)/

おお! 英語デフォルトだけど、フランス語にも
対応しているのですね?

---------------------
>Sachiさま、
レベルが違うとはおもいますが、
ちょっとした函数のグラフをみたいというときには
こちらが軽くて、藤四郎的に気に入ってます。\(^o^)/

「Grapes」
http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~tomodak/grapes/volume.html

また、これまた藤四郎的ツンドク(つまり、内容吟味0)で
なんなんですが、「電磁気学」入門書というか、これぐらい
はおさえてね!というときに便利かもしれないという
本だと「感じ」ましたので、ご参考まで。
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%A8%E3%81%8F%E3%81%99%E3%82%8B%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B0%97%E5%AD%A6%E3%81%AE%E7%96%91%E5%95%8F55-%E5%BE%8C%E8%97%A4-%E5%B0%9A%E4%B9%85/dp/4061545590/ref=sr_1_1/503-1247072-6043937?ie=UTF8&s=books&qid=1180838232&sr=8-1
Comment by Kimball
★JosephYoiko様、
★Kimball様、

わーおっ。
新書を書いていて、「あのネタどこかな」と探していたらこの重要コメントを発見いたしました(@@)
フリーウェアだナンテ素敵です!
ありがとうございますっ。

mathematicaのライセンスの高さに涙を流していたsachiより
Comment by sachi
http://9010.teacup.com/1942may/bbs
HN ★で 投稿を 続けている 者 です。
日々 其処を 覗いて,その投稿内容に絡む 記事を お願い致します。
Comment by ★
一例 です (mathematicaは何年も使わない日はありません)
投稿者:★ 投稿日:2011年10月21日(金)21時44分51秒
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/020/691/47/N000/000/001/131919134988113129296.gif
の 右の 青線=C の kardioeides =「kardia(心臓)」 + 「eidos(形)」
(x^2 + x + y^2)^2-x^2 - y^2 = 0
http://www.wolframalpha.com/input/?i=%28x%5E2+%2B+x+%2B+y%5E2%29%5E2-x%5E2+-+y%5E2%3D0
の 点O=(0,0) に 関する 垂足曲線 Pedal(O;C) を
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/020/691/47/N000/000/001/131919134988113129296.gif
   の英文 の射影双対曲線を求めて,其れを経て,求られると云うので 具現したい;

(イ) 先ず 飯高先生に 倣い C の 射影曲線化(斉次化 Homogenize)を 為すと
(0)X^4 + 2*Z*X^3 + 2*Y^2*X^2 + 2*Y^2*Z*X + Y^4 - Y^2*Z^2=0 となることを確認し,
 (1)  多様な発想で 射影双対曲線 を 求めて 下さい。

Cがn=2次曲線 ではなく 飯高先生の 行列 手法は 効かぬ ので 私が 或る発想で 求めたら
2*X^3 + 15*Z*X^2 + 24*Z^2*X - 16*Z^3 + 27*Y^2*Z = 0 と なりました。
            間違いがあれば指摘してください。

(2) 得た斉次(Homogeneous)方程式 に 於いて 英文のアンダーラインなる変換を行って下さい。

私が 行うと C=青線より 高次の代数曲線 を 得ました;(間違いがあれば指摘してください)
16*X^6 + 24*X^5 + 48*Y^2*X^4 - 15*X^4 + 48*Y^2*X^3 + 2*X^3 + 48*Y^4*X^2 - 42*Y^2*X^2 + 24*Y^4*X + 16*Y^6 - 27*Y^4 =0. 描いてみると 赤線 に なりました(幾つかの 垂足点も求め 図示もしました);
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/020/691/47/N000/000/001/131919134988113129296.gif
これが 本当に 青線の kardioeides =「kardia(心臓)」 + 「eidos(形)」の点O=(0,0)に関する 垂足曲線
           か 懐疑 する ことも 重要だと思います。
例えば  青線∋ p=(1/4, Sqrt[3]/4)の点に於ける 接線Tp(C) を求め,Oから垂線の足をTp(C)下し
その座標が 16*X^6 + 24*X^5 + 48*Y^2*X^4 - 15*X^4 + 48*Y^2*X^3 + 2*X^3 + 48*Y^4*X^2 - 42*Y^2*X^2 + 24*Y^4*X + 16*Y^6 - 27*Y^4 =0.を 満たすか 否か(は高校生にも容易)で 判断して下さい。

英文の射影双対曲線を求めて,点O=(0,0)に関する 垂足曲線を求めることは、ベンキョウになると私は考えますが如何?

(ロ) 上とは 異なる発想達で 垂足曲線 Pedal(O;C) を 直に 求めて下さい。


◆ 非線型写像 R^2∋(x,y)--F---->F(x,y)=(x^2 + (3*x)/2 - y^2 - y/2 + 1/2, 2*y*x + x/2 + (3*y)/2 + 3/2) ∈R^2
       による C の像 F(C)を求め 観察し,  Pedal(O,F(C)) を
         上の (イ) (ロ) の 発想で 求めて下さい!!

       (具体例達を偏愛された 感想を 記載 願います)


Comment by ★
コメントする









トラックバック

化学の考察

溶液の濃度を表す単位として、力価というものが用いられることとなる。これは化学において主にmmol/Lの単位が主に慣習として用いられることから使用される単位である。力価の単位は、それらと同じように単位体積あたりの質量であるが、基準となる試薬ととちょうど反応し
From 化学の考察 @ 2007/06/28 7:40 AM
このページの先頭へ