<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ダブルダッチ | main | こま >>

豊かで貧しい国

ラムちょっぷ?<本日の写真>ケーキでもない!チーズでもない!これがラムのお肉ってのは感激です。学士会館 Latinは、お年を召した方用なのか、柔らかいフランス料理という変ったメニュー。ランチは1500円なのにお皿いっぱいのサラダ、パン、メイン、アミューズに飲み物がついてお得です♪



えー。
久しぶりにNGOの話題です。

久しぶりすぎなので補足いたしますと。
管理人には、スポンサーチャイルド(http://a-scientist.jugem.jp/admin/?mode=entry&eid=298)がザンビアにいたのですが。
ボランティア団体の支援終了に伴い、ザンビアの子とはさよならになりました(http://a-scientist.jugem.jp/?eid=115)。

続いて紹介されましたのが、コンゴはカタンガ州の男の子です。
彼にはまだお母さんがご存命で。
なんかその分、うんそうだなぁ、なんかこう、でしゃばっちゃいけないって思っちゃう私は考えすぎ?
(;´▽`A``


でもねぇ。
このカタンガ州。
なんかすごい状態で。。。


豊富な鉱山脈を持つこのコンゴ。
銅、ダイヤモンド、コバルト・・・
日本とは大違いの、資源豊かな国のはずなのに。
「誰が鉱山を取るか」といった利権争いも絡み、1960年頃から内乱・動乱がおきてはやみ、おきてはやみ。

そんな状態で、法が人を裁けるはずもなく。

虐殺・略奪・レイプの頻発する一種の無法地帯と化し。

去年2006年2月。ちょうど一年前くらいに、やっと新しい憲法が制定されて。
そしてチャイルドスポンサーが支援できる環境が整った・・・ようなんですが。



鉱脈豊かなコンゴだけに、支援環境がどう整ったのかがいろいろ気になる。



キリスト教。
その強い信念により、普通の人では入れないような地域でもボランティアをしてくださる。
一神教は受け入れがたい私だけれど、ただその一点で、キリスト教関連のボランティア団体を通して支援を行っています。

でも正直。
チャイルドとの手紙のやり取りだけでは、何も分からない
(゜-゜;)ウーン



あるとき、国際線の飛行機の中で。
アフリカにボランティアでお手伝いに行った、とあるミッションスクールの女の子と隣り合わせになったんですよね。



私「あのね、失礼なことを聞くかもしれないんだけど」

彼女「はい?」

「ボランティア団体へのさ、寄付の話なんだけども」

「はい・・・」

「普通のボランティア団体だと、搾取されちゃうって聞くんだけど。。。
キリスト教の宗教団体だったら、大丈夫だよねぇ?」


「・・・あー、うーん・・・」

「え・・・」

「んー・・・
大きな声では言えないけど、やっぱり搾取されます。
上のほうの人に」




・・・ショックでしたねぇ。
本当にショックでしたねぇ。
だって、そんな、その辺の学生の彼女が分かっちゃうくらい、搾取してるわけですよねぇ。

・・・でもだからってさ。
だから何もしないってのも、いろいろ不安な自分にはできないしさ。
だからすべて自分でするってのも、できないしさ。

だから結局。
ただひたすら、自分がお世話になっている団体の、一人ひとりを信じるしかないって。











なんかまるで、
がむしゃらに学生を信じるしかないのと
一緒だわ
( -_-)旦~ フゥ...





そう!こちらは卒論発表の時期なんですよ!きっときっとがんばってくれると信じるしかないわけですよっ!たとえサークル活動に行っちゃっても!!↓
人気blogランキングへ

お時間がありましたら,ぜひこちらもご利用ください↓
ワンクリック募金

sachi * NGO * comments(14) * trackbacks(7)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * - * -

コメント

自分の力だけではどうにもならないことをするときには、組織の力を頼るしかないですねぇ。
自分でその子に援助を届けることができない以上、任せた相手を信じて託すしかないんじゃないかなぁ。

・・・と思いつつ、私もボランティア団体に気持ちを託しておりまする。
Comment by piaopeng
なるほど。
いっそのこと組織よりも援助をうりものにしているセレブに寄付送るとか。
ほら、オプラとか、アンジェリナ ジョリーとか。
そっちの方が信用できるかもなぁ。
アメリカでは信用度の高いチャリティって調べるのわりと簡単だと聞きましたが。日本からもそういう団体に資金送れるといいのですけどね。
まぁ金は天下のうんぬんっていいますから、組織が搾取したお金が現地に残ってなんらかの形で地域の経済に貢献してればいいですね。それよりも さよなら してしまったザンビアの子のその後がきになるなぁ。
Comment by ズーリン
アリだかハチだかの研究で,確か働き蟻(or蜂)の20%は働いていないんだけど,じゃあその20%のダメダメ蟻(or蜂)を取り除くと巣全体としての機能が落ちるっていうのを,どこかで読んだ気がします。
組織のほとんどが,そういう危険地帯にも足を踏み入れて支援するような善意で構成されているんだけど,でもやっぱり搾取っていう悪意も存在するんでしょうね。でも,もしかしたら,その悪意があるからこそ,組織全体としての支援活動がうまくいってたりするのかもしれませんね。っていうか,せめて,そう考えたい。
Comment by charlie
アフリカ寄付とは話は変わりますが、住んでいる自治会で日本赤十字の募金なんかが毎年来るわけですよ。ま、500円ですが。 地域の自治会などを組織化して半ば強制的に寄付させられるわけですが、会計報告=寄付が如何に使われているか、なんてきたことないので、あれは宜しくないですね。

最低限バランスシートは見せるべきという気がしますよ。。。ま、良いか、善意の500円。。。
Comment by スーパーTS
まったくトホホですよね・・・

でも、志高い人がいることを信じて
搾取した人たちはその人たちの信じている宗教が
説いている地獄に行くことも信じて

寄付して行くしかないですよね・・・
Comment by TE2
確か善意銀行に行くお金の約3分の1は人件費とかで消えるという話だったけど、そうなると10000円寄付しようと思ったら、13000円は寄付する必要があるということだ。違っていたら申し訳ないので、誰か調べてほしい。また、すごく有名なある宗教団体では幹部になるとお金が入ってきて笑いが止まらないと言っているのをそばで聞いたことがある。これも、はったりかもしれないので、誰か確かめてほしい。
Comment by どこにいるの?
そっかぁ
キリスト教と言っても色々あるみたいですが
搾取されてるんですぇ ^^;

手紙には大人が書いた(ように見える)絵が書いてありましたが
どこまで信頼出来るかイマイチ解らないでいます

何をしていて、何を生み出しているか
どんな人たちで構成されているのか、何を教育しているのか
信頼出来る組織の情報が欲しいところです
Comment by Training Herz
この手の話題には呼ばれなくてもでてくるワタクシめ。

やー搾取って・・・どういう意味かにもよりますが。
どの団体かわかんないので、なんですが。
ボランティア団体、というよりは、NPO団体じゃないかと想像するわけです。
そこには、専任のスタッフがいて、彼らの給料は、多くの場合寄付金や、政府からの援助金でまかなわれているわけです。
なので、寄付金全部が対象国に向かわない、という意味でしたら、そりゃしゃーないわな。と思うのです。

至近な例で考えますと。
難病の身内をもつ人々が集まって、医学系基礎研究に寄付をしよう、と思いつくわけです。
そのほうが(自分で研究を始めるよりも)時間もお金も節約できるわけですから。
そこで、市場調査の上で、どこにお金を託すか決めるわけですね。
(究極的には、税金を使った競争的研究費も同じだと思うのだが)

そうすると、一部は研究に使われますが(もちろん)、アルバイトを雇ったり、コンピューターを買ったり、出張に行ったりもするわけですね。
研究者の場合と違って、NPOの職員たちは、自分の生活費もどこかから捻出しなくてはならず・・・あら大変。

まっとうな団体ならば、収支決算を公表していると思います。
ちなみに、上記の例に当てはまらないのでしたら、即刻団体を変えるべきです。
非常に真摯に(金銭的に不透明な点なく)取組んでいる団体は(宗教に関わらず)たくさんたくさんたくさんあります。

研究室の学生さんを信じるのには愛が必要ですが、援助団体を信じるのには冷静な分析だけで十分です。
お財布からお金を引き出す時だけ、そっとお札に愛を込めてあげてください。

ついでに・・・
日本は海に囲まれているけれど、そのままでは水が豊富な国とは言えません。
教育と政治とインフラがないと、天然資源は上手に利用されないのです。
なので、安心して(?)援助してあげてくださいな。
現在私は何もしていないにもかかわらず、熱くるしく(笑)書き込んでしまったけれど・・・お許しくださいな。
Comment by tomo
★piaopeng様、

「任せた相手を信じて託すしかないんじゃないかなぁ」

(。・・。)(。..。)(。・・。)(。..。)ウンウン
信頼するって、ほんと難しいことですよね。
Comment by sachi
★ズーリン様、

うーん・・・・・・
自分ね、ちゃんと地域の教育をしてくださる組織or個人ぢゃないと嫌なのです★
社会を変えるのって、教育か革命かだと思うので orz


★Charlie様、

「20%のダメダメ蟻(or蜂)を取り除くと巣全体としての機能が落ちる」

なるほど・・・
なるほど・・・・・・

なんか深いです。
特に、今教育者として考えると orz
Comment by sachi
★スーパーTS様、

んんん?
赤十字で公開しないって言うのは不思議な気がっ・・・?

実はちっちゃくどこかで公開しているの、かも知れませんが、それなら集めるときだけではなく公開も大きくやってほしいですよね
(;´▽`A``
Comment by sachi
★TE2様、

そーですよねー・・・
もう信じるしかないわけですよね
(;´▽`A``
Comment by sachi
★どこにいるの?様、
★tomo様、

人件費がかかるのはねー。理解できるのです。
あとそのほかもろもろー。

でもですね。
たとえば宗教団体だったら会計報告をごまかすことは簡単だ、とよく聞きます。

tomo様のいうように、冷静に分析すれば大丈夫だとは思うのですが、その冷静に分析するべきデータシートがどこまで信用できるのか、って問題だと思うんだなぁ・・・★
Comment by sachi
★Training Herz 様、

モー結局ね・・・
信じるしかないんだと思うんですね。。。

どのデータが正確かなんて、本当のところは内部の人間しか分からないと思うのです★
って思う私は疑心暗鬼なのかしら
...( = =) トオイメ
Comment by
コメントする









トラックバック

-

管理者の承認待ちトラックバックです。
From - @ 2007/02/01 8:21 AM

ウラン価格の高騰

ウラン価格の高騰  6年前には1ポンドで7ドルだったウランの価格が、現在は70ドルと10倍になっている。原油と同じように将来の需要を見越した投機資金が流入しているようだ。原油資源の枯渇、中近東の政情不安定、地球温暖化問題などから、世界は急激に原子力発
From ある女子大教授の つぶやき @ 2007/02/01 11:47 AM

新植民地主義

新植民地主義  19世紀から20世紀にかけて、欧州の諸国は狭い自国からの脱出を図って、アフリカ、アジアを中心として積極的に植民地をつくっていった。第二次大戦後、次々とこれらの植民地は独立したので、現在では植民地と呼べるようなところは殆んど地球上から消えて
From ある女子大教授の つぶやき @ 2007/02/01 11:48 AM

-

管理者の承認待ちトラックバックです。
From - @ 2007/02/01 7:42 PM

-

管理者の承認待ちトラックバックです。
From - @ 2007/02/01 8:57 PM

-

管理者の承認待ちトラックバックです。
From - @ 2007/02/03 8:17 PM

-

管理者の承認待ちトラックバックです。
From - @ 2007/02/05 8:02 PM
このページの先頭へ