<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 記者会見を行います | main | 増感型熱利用発電 >>

いのべーしょん

自戒を込めて。

今の日本の国プロ申請の際、見たことも聞いたこともないような新しいものは、通していただけない。
自信があるのに通らないとしたら、知って頂く努力が足りない。

知って頂くには学会発表、マスコミ発表、SNS。
このうちSNSは影響力がある分、炎上することもあるし、多くの方にご迷惑をおかけする事もある、使うのが難しい両刃の剣。

…でも思うの。
これからの時代、本当に新しいものは、国プロじゃなくてクラウドファンディングから出てくるのかもなって。
組織に税金としてお金がいくのではなく、研究室ごとに節税として寄付される形。


正攻法と、新しい時代の方法。
その両方を掴みにいって、必ずやエネルギー問題に、さくらの未来に貢献してみせる。
がんばるぞー!
(*」>д<)」ォーー!
sachi * 日記:研究 * comments(2) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * - * -

コメント

必要なものが見えない視力のせいで、正しい判断をくだせないのだろうねえ。遠くも見えないので、本来は膨大な予算をつけるべき長期計画の事業もほぼ通らない。人間寿命スケールの発想しかできない人が多いからかなあ。評価のスケールがちっこいのか、新しいものが際ものに見えてしまうのか、他である程度評価されているものでないと、評価できないという臆病さのせいか。いずれにしても残念な状況なんですね! でも、祥先生はくじけないでしょ&#128515;
Comment by どこにいるの?
★どこにいるの?様、

そうなんですよね。
おっしゃる通り、周りに認められ始めてからでないと評価できないんですよね…

くじけはしないのですが、日本でやってても私が望むスピードでは進まないなとは思っています
^^;
Comment by sachi
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ