<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 五歳のクリスマスプレゼント | main | 「和」について >>

文部科学関係 平成26年度予算(案)


<本日の写真>実は、母上のケーキだけじゃ足りないかなと思い、大好きなコムサでもクリスマス用ケーキを買っておいた私★我が子は上のフルーツだけ食べてました^^;



すみません、えっと・・・

来年度の文部科学省の予算「案」が出ていたので、覚書です:

http://www.mext.go.jp/a_menu/yosan/h26/1339140.htm



昔はね、こんなの自分に関係ないわっ、って思ってたんですけど。

最近、この辺の単語やらを知らないと、会議でチンプンカンプンになるんですよ。

えぇまぁ、歳をとるとそういう事も求められるってことですわよ★





見てみると面白いですね。





たとえば新「心のノート」を小1、小3、小5、中一に配布されるそうで。

これ、さくらがもらってくるなぁとか。



土曜授業推進事業が新規に提案されてるんだなぁとか(予算規模は一億程度)

これもさくら絡んでくるなぁとか。



グローバル人材育成に関しても、今度は「スーパーグローバル大学等事業」っていう名前になったんだなぁとか。

私のいる大学は「世界水準の教育研究活動の飛躍的充実」の例には入ってないけど「各分野における抜本的機能強化」に入ってきて、やっぱりそういう立場を求められてるんだなぁとか。



そして当然、オリンピックに向けた予算も提案されてるなぁとか。





で、まぁ・・・

科学技術イノベーション・システムとか、基礎研究力拠点とか、研究環境を整える「システム」に関しては減額されてるけど、これはきっとここまでで十分構築されてきたから、あとは頑張ってこれらを利用するのは科学者の君たちのお仕事だよ的メッセージなんだろうなぁとか・・・







多分・・・税金で作られたシステムを有効に使うことも、アカデミアな我々に求められている義務の一つなんですよクリック→



sachi * 研究:心の赴くまま * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ