<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ハロウィン | main | 席 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * - * -

いかり


<本日の写真>わが子とミスド♪



また昨日…とある算数の問題ができないわが子を怒ってしまいました…
叱る、じゃなく、怒る。

そんな自分が嫌になって。
なんで怒るのかを調べました。
この辺が無駄に研究者。

出てきた解答は。
昔、心理学で学んだこと。

人は、期待を裏切られると、怒る。


わが子なら解ける、と期待するから、怒る。
実に正しいご指摘です。

ここで、自分の取るべき心理状態について、また悩む。

つまり私は、わが子が、私とは別の一個体だと、完全には認識できていないのです。
だって自分の遺伝子なんだもの、分身のようなものなんだもの、と、私のなかの利己的な遺伝子が叫んでいます。

しかし最近の育児研究は、私にこう告げます。

母である私は、期待せずに、ただ見守れと。
あるがままを受け入れよと。
しかし決して無関心ではなく、無償の愛を注げと。




。。。なるほどね、禅の心をもっとも必要とするのは母親なのね
(-.-)y-.", o O



それでいて禅宗って女人に否定的だからなぁ…必要なところだけ抜き出して、したたかに生きて参りましょうね皆様方クリック→
sachi * 日記:育児 * comments(7) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * - * -

コメント

2度目まして(*⌒▽⌒*)

さくらちゃんと数日違いで生まれたピカルの母です

私もさくらママさんと同じタイプで、教えるとイライラして怒っちゃいます

なので、勉強に関しては教えることを一切止めました

私が怒って、勉強の楽しさを知る前に嫌いになるくらいなら、教えないほうがいい

ピカルが教えてと言ってきたら教えようと思って(o^-^)

うちのはしまじろうのやつをいつも自分ひとりで勝手に適当にやってるみたいです。時折こっそりページをめくると、理解しているのでビックリします(笑)

でも正直なところ、今は遊んでればいいと私は思っていて、勉強なんて学校入ってからでいいのではないかと(〃'▽'〃)

幼児期の特権?今だけを感じてろ~って

もうすぐ、思考の世界へ大きくシフトしてしまうんだからって

長々とごめんちゃい(^_^)ゞ

Comment by ゆっこ
Ms.さくら、ショボーンかな?
謝ってあげましょうよ。「できる時も出来ない時もあるよね、怒っちゃって、ごめんなさい」で十分。
私自身、コト勉強に関しては一切関知せず、の母親だったけど、ヤンチャを感情的になって怒ったときに謝られた記憶は今でも鮮明です。
Comment by TOSHI!!
家族だから怒ることもできると思う。家族なら怒るだけで終わらないから。怒られることも必要だなって思うよ。怒られることに対する耐性がつかなかったら弱っちぃ人間になっちゃうからね。親なら後でフォローできるし、免疫を少しずつつけてあげた方がよいように思うんだが。すぐに怒らずに一呼吸置いてどのように怒ろうかと考えるのも一つの手だな。先に怒り方とフォローの仕方を作戦として考えておくのもいいかもね。
Comment by どこにいるの?
★ゆっこ様、

コメントを拝読し、わたしも勉強を見るのをやめて、現在二日目です。
娘と私の間に入っていた亀裂が、今日、少しずつ回復しつつあるのを感じます。。。
明日も勉強を見るのはやめてみようと思います★

できればこの間に、私のメンタルを強くするよう頑張りたいのですが・・・座禅がいいのかな・・・うう・・・



★TOSHI!様、

次の日にめっちゃ謝りました。
でも、私と娘の間に入った亀裂は、数日間はとれませんでした・・・
たとえ親子でも、信頼って一瞬で崩れるなと実感しました。



★どこにいるの?様、

私が自分を見失うのが一番の問題だと思います(涙)
感情制御ができないなんて、なんって未熟なんだ自分と焦りつつ、じゃあその場でちゃんと制御できる自信が今もないのです。

なんかこう、お茶をやろうかな、と・・・毎朝盆点しようかな・・・
Comment by sachi
さくらちゃんとまた歩み寄れた頃でしょうか~?(*^▽^*)

私も日々間違いを懲りずに繰り返しておりますσ(^_^;
でも大丈夫です~子供はママより進化してます(笑)
私は間違いをやらかした時は、心底謝って、自分の弱さをわかりやすく告白しています(笑)
真摯に向き合うとき、子供は魂の部分でちゃんと理解してくれています。そして深い寛容な心で許してくれます

私(親)に都合のいいような解釈に聞こえそうですが、そうではなく、親子間だけに限らず、許し合わなければ私たちはやってゆけないと思うからなのです(〃'▽'〃)

あと子供に思うのは、私が執着するほど抵抗するという点でしょうか(笑)
私が執着すると、今から伸びようとしている部分が固まってしまう気がしています

放任するのではないけど、いつかできると信じてれば、また、できなくても生きていくのに支障がないことのいかに多いことかを振り返れたら、ヘルプを要請された時に答えるだけで、子供って勝手にできていく、そんな力を無尽蔵に持っているんだなぁって

私も働いており、余裕のない時は弱さを露呈してしまいますが、私を選んでくれたピカルに感謝して、手を繋いでいきたいと思っています~(*⌒▽⌒*)

さくらちゃんとママの楽しいエピソード、待ってます♪(≧▽≦)
また長々と失礼しました~( ^-^)_旦~

Comment by ゆっこ
怒りのコントロールは呼吸法で可能です。単純かつ確実な方法です。
Comment by どこにいるの?
★ゆっこ様、

なんとかがんばって執着しすぎないように努力中です。
なかなか難しですが、無事にわが子とラブラブになりました♪


★どこにいるの?様、

・・・わたしが横を向いて「ふーっ・・・・」ってしてると、もはや怖いみたいですorz
Comment by sachi
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ