<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ハロウィン | main | ありがとうございました♪ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * - * -

宣伝・論文・・・

評価:
---
化学同人
¥ 3,990
(2011-01-14)
コメント:お金が余ったらぜひ購入させていただきたいです・・・図書館でお借りして拝読しているのですが、構成と言い内容と言い、珠玉の一冊と言えます。

すみません、完全に宣伝です。


自分は長い間、夢を追いかけて研究を行っています。
電子よりもずっと大きな、可視光の波長周期をもつ構造(フォトニック結晶)が、電子の動きに影響を与えるかどうか、の研究です。
「絶対できないよ」と言われることもあるし、「面白いから頑張ってごらん」と言われることもあるし、「間違ってないんだから早く論文出しちゃいなよ」と言われることもあります。

私の中に、一つのポリシーがあって。
パーマネントのアカデミアの人間こそ、夢を追いかける研究をすべきだって言う。
ただもちろん、学生さんがいるから、学生さんなりの結果は出させてあげないといけないけど。

やっと、その夢を熱く訴えた論文が一報とおりました。
「こういう構造を創ったら、電子の動きに影響を与える”かも”しれない、フォトニック結晶ができるよ」
っていう、シミュレーション部分の論文です。
すごくインパクトファクターも低いし、屈折率の波長分散は考慮されてないし、この構造を実際に作るのはめちゃくちゃ大変だけれど。

この論文の中の、
"the authors have paid attention to the dye emission in the solar cell. "
以降の数文を、文字という形でこの世に残せたことが嬉しいと同時に、もう引き下がれないっていう怖さも感じます。


こういう怖さを感じるのは、この論文が初めてです。
私の考えが間違ってるかもしれないし、正しいかもしれない。
それでもこの職業でいる以上、踏みとどまって、諦めずに、頑張って正解に辿りつきたいと思います。

そんな私の論文は、Crystalsっていうオンラインジャーナルで無料で読めます↓



本当に、ただシミュレーションしたっていうだけの論文ですけど・・・もしよかったらご覧くださいクリック→
sachi * 研究:エネルギー問題 * comments(6) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * - * -

コメント

夢を長年追うという姿勢に敬服します。面白いから頑張ってごらんといってくれる人ってありがたい存在ですね。僕にとってはとても難しい研究内容なので、この研究が実を結ぶことによってどんな世界がひらけていくのかを教えてください。
Comment by どこにいるの?
論文は、印刷したので、持って帰って読みます。
と言っても、リジェクトを食らった論文の措置にてんてこ舞いで、すぐには時間を作れない、かな。

パーマネントな職にある者は、長期的展望のある研究をすべきだ、っての、はげしく同意致します。
私としては、新概念構築に繋がる基礎研究こそ、って思っていますが、なかなか。

今掛かっているのは、十数年の間「今の学科においては、統計物理でも物理化学でもないのだから、この分野からは遠ざかろう」という姿勢でいたところのものですが、昨年の秋に講習会の講師にかり出されて、もう一人の講師の方から、「beyond ○○(その分野の第一人者と認められていた、故○○教授)がしっかりある」と評され、反省してカムバックしたものなんです。私が遠ざかっていた間、多くの研究者が誤った式で(これは、大○○教授が既に言っておられたことですが)解析を行なっていたんです!!
Comment by amori
★どこにいるの?様、

光化学反応に関連する合成効率とかが変化するのではと期待しています。
でも・・・分からないです。本当に。やってみないと。


★amori様、

印刷までしていただいて、ありがとうございます(汗)
本当にあの、計算しただけ、のやつです・・・

分野の「常識」にあえて立ち向かっていかれる姿勢、とても重要で、かつ素敵なことだと思います。
いろいろ挫折しかけることもあると思いますが、なんとか乗り切ってまいりましょうっ。
Comment by sachi
お勧めの本、アマゾンに1冊だけあったので買っちゃいました。
今、多孔質機能体の応用に関して色々ゴニョゴニョやってるので・・・

化学同人、って懐かしい響きですね。高校時代は常に身近にあったんですが。(『水の分析』)
Comment by TOSHI!!
「絶対できない」研究とか、「面白い」研究とか言われる研究ってノーベル賞につながる研究じゃないですか。夢があっていいなあ。
Comment by どこにいるの?
★TOSHI!様、

あ、お買い求めになりました?
すごくいい本なのでぜひお楽しみ下さい☆


★どこにいるの?様、

夢しかない気もして、近づくのが怖くなる時もあります。
何かを知るって実は怖いことなんだと知りはじめました…
Comment by sachi
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ