<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 調整役 | main | 管理人バトン(@@) >>

さよなら。

珍しく、3人とも遅くまでいたので。
全員で、目をつけていたメキシコ料理屋へ参った管理人です。

・・・お味は聞かないでください orz




ずいぶん、話題に出しませんでしたが。
私には、ザンビアに、支援している子供がひとりいます。
(詳細はこちら↓
http://sachiko17.spaces.msn.com/blog/cns!2BB95E1175EDDC54!299.entry?_c11_blogpart_blogpart=blogview&_c=blogpart#permalink




いえ、正式には、一人いま「した」。



先日、連絡があって。
彼のいるチブナ地域への支援は、終了するとのことでした。

エイズが蔓延し、平均寿命は今の私と同じ地域。
多くの方の支援の結果、トイレも完成し、川に橋も架かり、能力開発も進み、井戸も自分たちで修復でき、住民のエイズへの理解も浸透した、そうです。

ボランティアっていうのは。
ある程度知識を与えたら、あとは自主性に任せることが重要で。
だから、支援が終了して引き上げるのは、良いことだと思います。



でも・・・団体に依存した個人支援の限界を、苦笑いしながら実感する。

私の行っている支援の形態は、チャイルドがいる地域が独り立ちできるようにする、というもの。
ですから、地域への支援が終了すれば、チャイルドとの関係も終了になります。

一度も会わないまま、手紙のやり取りで終わった、彼。
初め見た写真では、厳しい目をしていたけれど。
今は笑ってる。

最後の手紙は、少し、いえ、かなり長かった。
小学校二年生に上がったって書いてある。
それから・・・






ん?






even, I didn't go to school,...





ちゃんと学校へ行けよ、お前
orz








本当に、教育させてもらえる環境になったのかな。現地へ行かないまま、支援の結果を見れずに終わったことが、心残りです(TT)↓
人気blogランキングへ

お時間がありましたら,ぜひこちらもご利用ください↓
ワンクリック募金へ


区切りの写真;でね、上司の思い出の公園でね、菖蒲がすごくきれいだったんですっ・・・♪
しょうぶ。
sachi * NGO * comments(19) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * - * -

コメント

あまりのオチにPCの前でずっこけました。

今後、本当に自立していけるのかという心配はある一方で、
でもきちんと自立していってほしいなという希望もある。
我々には祈るしかできませんが、何れその祈りが届きます
ように。信じるしかありませんよね。
Comment by
メキシコ料理ならばグサノロホ(赤い虫)入りの
テキーラは飲みましたか?
現地ではから揚げにして食べるそうです。
http://allabout.co.jp/gourmet/ethnicfood/closeup/CU20041126A/index.htm
Comment by nenpiro
義務教育を受けることのできる我が国の子供達は幸せだと思います。そして、理学、工学、薬学、医学などのお金の掛かる分野も安い授業料で学べることは凄い。
一方で、バカと○ョンは、親はもう金を出して大学などへ行かせずに働かせろ、といいたいですな。
Comment by outlaw
★巽様、
うん…支援団体を信じるしかないです…(:_;)

★nenpiro様、
たべないですっ!
…てか…すごーく薄味だったんですけどorz

★outlaw様、
大学教員としては問題発言かもしれませんが…
目的意識なく大学で大事な20代を過ごすのは不幸だと思います★
Comment by sachi
自主性に任せるために支援終了ということは
さよならというより卒業、ってことですね。
教育とおんなじ。どんなに心残りでも卒業させてあげないと。
Comment by shini
難しいよねえ依存されても困るし
少なくとも普通に学校行けるうちの子
は恵まれてるんだって
言ってやろう!
最近学校行きたがらないから・・
Comment by
★shini様、
ホントにそうですねぇ…
はー。卒業の時期とかブルーなんだろうなぁ…★
Comment by sachi
ほぉ・・・こんな活動があるんですねぇ
杯に1万も出して浮かれていた自分が恥ずかしい・・・
瓶に口つけて飲めって思いました
学校は何で行ってないんですかねぇ
そこがちょっと気になったです
俺もここ活動調べてみマース
Comment by TE2
うーむ、日本のODAも全ての国や地域に及ぶわけもないので
こういった団体による草の根的な活動って重要なんでしょうが 
・・・・・


こういうボランティア活動をする団体に対して斜に構えてしまう自分がおります(^_^;) 
 
俺って・・・
心 狭っ!

Comment by kobsap
え〜、念のため Sachiさんはじめボランティア活動する個人に対しては、その心意気や努力に敬意を持っております。

ただ、所謂 途上国に対して先進国側の政府や団体が富める側の論理で一方的な援助になっていたりしないかなって
更には、人道支援の美名の下に 実は国や団体が虎視眈々と利益確保の金勘定があって そのために援助していた人達を中途半端に放ってしまうのではという危惧を抱いてしまいます。

>あとは自主性に任せることが重要で。

このタイミングの判断って難しいですし、基準は一体なんじゃらホイ と勘繰ってしまうのです・・・(^_^;)
Comment by kobsap
★名無し様、
依存では支援になりませんものねぇ・・・
ε-(;ーωー)フゥ…

★TE2様、
いあ、ご趣味にお金を使うのは全然問題ないのではっ
(・´ω`・;A アセアセ

学校に行かない理由がね、おうちのお手伝いなんじゃないかなと思うんですよ・・・
両親がなくなって、おばさんのおうちでやってるから・・・

★kobsap様、
>人道支援の美名の下に 実は国や団体が虎視眈々と利益確保の金勘定があって

(^・ェ・^)(^._.^)(^・ェ・^)(^._.^)ウンウン
そうなんですよねー・・・ボランティア活動という名前の詐欺団体も結構あって。
支援団体を選ぶにあたっては、ずいぶん時間をかけました汗

お金を渡すだけだとどんな状況か分からないので、現地の方と連絡が取れるタイプで(ワールド・ビジョンだと、チャイルドが現地の方になります)。
普通の支援団体ではおよそいけないような、貧困地域へもボランティア活動を行っていて。
会計報告がきちんとされている団体。

ということで、キリスト教なのが気になりますが、こちらの団体を選びました★(一神教は苦手・・・)

ここでは、各活動エリアで独立に予算消費を行っているようです。
ですので、エリアによっては・・・なんて考えちゃったりもしますし。
支援打ち切りの基準も、現地を見てないからかなり不安ですが。

自ら現地へ飛ぶパワーと時間がない自分には、ここが限界だと思っています orz
Comment by sachi
私も支援をしている団体があります。旧フォスタープラン、現在のプランジャパン(http://www.plan-japan.org/home/)です。ここも、チャイルドを決めて支援する方法もありますが、私はいろいろ考えてお金のみの支援をすることにしました。

そのほかにもボランティアはしていますが、距離の取り方が難しいですねぇ。
Comment by piaopeng
★piaopeng様、
そうですよねぇ…
ボランティアに限らず、全般的に、私は距離感を取るのが難しいようです★
Comment by sachi
sachiさん、それは前のネタのことも含んでる??(笑)
Comment by piaopeng
本当の支援とは依存させることではなく、
自立させることなんですよね。
引き際が難しい。
その後、支援が彼の人生にどのような影響を与えたのかも
知る術がないんですよね。


ボランティアが募金って、どこぞの誰かが
利益を得るっちゅうことも多々あるので、
難しいですよね。
以前「春の募金」の記事で書いたけど、ほんと
寄付するのなら必要な人の元へ届けて欲しいです。

少年よ!頑張れ!
ちゃんと勉強しろよ。
Comment by こまち
★piaopeng様、
うん、含んでますwww
Comment by sachi
★こまち様、
そうなんですよ…途上国(って言い方も好きじゃないですが)の貧富の差に貢献しちゃうような活動じゃ意味がない訳で(-.-;)
そーすると、賛否両論ありますが、信心に基づいた活動の方がまだ安心な気もして…
自分でうごいたヒデって偉いなぁと思う今日この頃(いきなりあいのりネタ☆
Comment by sachi
sachiさま、

私近年まで某NGOで某国に送られ、働いていました。

そうですね、援助が依存をつくり出していくというのを見本にしたようなのが某国の現状でした。

それでもあまりお金が来ない地方はまだまだ捨てたものじゃなくて、「金持ち」のはずの日本人がぜんぜんお金を出していなくても、結構いろいろなことが一緒にできたりします。
お金の使い方って難しい、とつくづく思いましたね。

現場にいると「依存的」と思う部分は結構減ってきて、「やるじゃん〜!」て思うことも多かったです。

問題なのはそのNGOの本部のほうだったりして。相手が全部自立すればNGOの存在意義はないわけで、自立を目指すといいながら、結構NGOの方が、まだやることがあるはずだ、としがみついているのを目にしない訳でもありません。そしてこういう発言をすると、そりゃ〜もう嫌われます。

NGOが資金を集めるのにも「かわいそうな人に」というのがまだまだ一番と思っている人もNGO内に多いのも困りもの。

きちんと引くべきときに引ける、というのは大切。でも資金切れたから撤退しま〜す、というのは欧米の団体で結構ありましたね。「最初から3年のプロジェクトでしたから」って。相手の状況なんて構わないんですね、そういう人たちにとっては。相手の自立云々より前に、自分たちの組織運営をきちんとしてからやってほしいですね。

愚痴っぽくなってごめんなさい。

きちんとした団体もやる気のある現地の人もたくさんいます。みなさま、寄付してくださるなら、よく見極めてくださいね。ちなみに本部管理費が予算の半分以上を占めているようなところは、現地のためではなく、自分たちのためと思われても仕方ないと思います。支援団体を選ぶときに一つの目安です。
Comment by santy
★santy様、

わー、現場からのご意見をありがとうございますっ。
うーん・・・引くべきときに引けた、と信じたい今日この頃orz

「本部管理費が予算の半分以上を占めているようなところは、現地のためではなく、自分たちのためと思われても仕方ない」

ありがとうございます。参考にさせていただきますっ☆
Comment by sachi
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ