<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Socalといわれて | main | 光触媒オススメサイト >>

女性専用車両にて

110109_080800.jpg
<本日の写真>ホテルから見えた桜島☆



昨日は古巣で新年会。
学生さんのお土産の日本酒とおでんがメインです。おいしかった−♪

二つの職場の行ったり来たりにもだいぶ慣れました。
乗り換えが多くて電車の中で仕事ができにくいのが難点ではあります★

でね。
新しい職場へ行く方の電車にはね、女性専用車両があるんですね。


女性専用車両…導入の際にはいろいろ議論がありましたが、間違いなく、気分が楽ですね。
なんでしょうね、この楽な感じ。

でね。楽だからなのか。
皆さんリラックスしてて。
いろいろその、やってらっしゃる時もあるのです。


でね。
この間。
座ってメ−クされてる方がいらしてね。
ま、メークされていること自体は、あまり珍しくはないのですが。

メークが進むうちにね。
その方はね。
つけまつげ派であることが分かったのです。


つけまつげ…これだけ流行っているのに、実は管理人、つけたことがないです(爆)。
「どうやって付けるんだろう?」と、実に興味深く、かつこっそりとのぞき見をしていたのです。


ガタンゴトンと揺れる電車の中。
その方は器用に、金属製のピンセットでつけまつげをもち。
そのつけまつげの縁に、爪楊枝っぽいもので糊を付けはじめました。


ガタンゴトンと揺れる電車の中。
その方は、つけまつげをはさんだ金属製のピンセットを、



まるで目に射すかのように、顔面に対し垂直に持ち!



鏡を見ながら!



目に近づけていくっ!!





管理人、慌てて窓から電車の進行方向を確認。
ちょうど電車は緩いカ−ブに差し掛かるところです。
周囲の方も気付いたのでしょう、吊り革を持って文庫本を読んでいた髪の長いOL風な方も、パチパチと携帯親指活動をしていた学生風な方も、思わず視線は彼女、いえ正確にはその金属製ピンセットへっ…!





無事、つけまつげが瞼にのった時には、思わず周囲からため息が洩れたのでした★





つけまつげ…怖いですね、うん。
ランキングクリックよろしくです♪→
sachi * 日記:プライベート * comments(3) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * - * -

コメント

さすが科学者ですね。観察が細かい。今度は自ら実践してみて、初めて実力が付きます。
Comment by ゴロー
>女性専用車両…導入の際にはいろいろ議論がありましたが、間違いなく、気分が楽ですね。

まさにそれが落とし穴なのです。
女性が女性専用車両に乗って「気分が楽」ということに味を占めたら、痴漢件数が減ろうが減るまいが、他の車両での治安が改善しようがするまいが、もはや女性は「もう女性専用車両は要らない。明日からは一般車両を使う。」とか「もう女性専用車両は廃止しましょう。」とは決して考えません。

つまり女性自身にとっては、いつまでも「女性専用車両が無ければ安心出来ない。」という強迫観念に囚われて、常に女性専用車両を求める状態に陥ってしまいます。

そして鉄道会社は女性が女性専用車両を利用している、あるいは女性専用車両を求めている状態を見て「未だ痴漢が多い」「女性専用車両は痴漢にそれだけ効果的ということだ」と解釈して更に女性専用車両の設定を拡大していきます。

つまり女性と鉄道会社はそれぞれ異なる思惑を持っているのに、同床異夢で「女性専用車両はどんどん拡大すべし」の合唱となってしまっています。そして男性は禁煙スペースを増やされていく喫煙者の如くますます割を食わされていくのです。
Comment by 東京メトロン星人
★ゴロー様、

怖いから嫌です(きっぱり★)


★東京メトロン星人様、

ん〜、思惑違い、と断言できるかどうかは管理人個人の意見からはなんとも言えない気が
(^^;)
Comment by sachi
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ