<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * - * -

ニュータイプ万歳


<本日の写真>わが子の英語塾での成果♪モンスターなんですって。真ん中の目はお鼻だと思ってました★



やー、すごい方でてきましたね。
今日は心の内から拍手喝采でしたよ。
えぇ、そう、小保方晴子ユニットリーダー!

ご研究もすごいですけど、個人的には突き抜けたその女子力に心から拍手を送りたいです。
私の周りにも美人な女性科学者の方はいらっしゃいますけど、「実験室の壁をピンクと黄色で塗れる」ほど突き抜けられる方にはお会いしたことがないです。
すごいですよここホント。

彼女の存在は、「オシャレしたいけど目立っちゃうから」とかで地味に地味に行きがちの理系女子に、間違いなく勇気を与えてくれると思います。
これだけニュースになると大変だろうとは思いますが、ぜひ小保方ブームを巻き起こし、理系女子のイメージを変えていっていただきたい。
がんばれー
♪───O(≧∇≦)O────♪



…私ももう少し人目を気にしようクリック→

sachi * ”女性”科学者 * comments(2) * trackbacks(0)

桜麗祭企画「理系女子学生のためのキャリア支援・教育講演会」

 
管理人。
日本大学文理学部勤務時に、子供を出産させていただきました。
その時の学科の皆様の暖かい支えに、本当に心から感謝しております。
興味のあるそこの貴方、この日記の2008年2月あたりです(爆)。

この度、そのころお世話になった、また今でもいろいろなところでお世話になっている先生方から、依頼講演のお話をいただきました。

てわけでー。
2012年11月3日にー。
元職場に参ります↓


2012年11月3日
桜麗祭企画「理系女子学生のためのキャリア支援・教育講演会」
日時 平成24年11月3日(土)13時−15時15分
場所 日本大学文理学部3号館3507号室

プログラム:
来生江利子 (第一三共株式会社  先端医薬研究所)
「女性のキャリアを考える」

齊藤裕子 (日本大学付属鶴が丘高校)
「教育現場における女性の役割」

古野和美 (株式会社昭文社デジタルソリューション)
「仕事を続けて」

太田真木 (文理学部地球システム学科助手)
「働くママでいこう」

島千世(味の素冷凍食品株式会社品質管理部品質技術グループ)
「肩肘を張らずに働く」

松下祥子 (東京工業大学大学院理工学研究科准教授)
「どんな人生を送りたいか? ~頭脳を武器に世界を駆ける」


海外での出産話あり。
リストラによる転籍話あり。
高校の先生のお話あり。
理系女子向けのプログラムとして、かなり興味深いラインナップだなぁと個人的に思います。

ご興味のある方、ぜひいらしてください♪



最近、宣伝多くて済みませんクリック・・・→
sachi * ”女性”科学者 * comments(2) * trackbacks(0)

静岡サイエンススクール 第2回キャリアデザインワークショップ

 
<本日の写真>もう一度宣伝させてください・・・来週、一ツ橋の学術総合センターで行われます化学工業日報社記念シンポジウムです。あまり表舞台へ来られなくて有名な(!?)白川先生もご登壇されます。ぜひよろしくお願いいたします。詳細はこちらです↓



というわけで、来週はパネリストをさせていただくわけでございますが。
過去、パネリストなんてものはやらせていただいたことがないです・・・
たしか京都大学で女性科学者系講演をさせていただいたときに、講演者たちが前にずらずらっと並んで、聴講者様たちの質問に答えたことはありましたけれども・・・
パネリスト、っていうと、なんとなくこう、何を準備すればいいんだろうという悩みがありますね。えぇ。

一方。
こちらはお得意分野(?)でございます。


来月11月20日に、静岡大学で講演をさせていただきます↓

静岡サイエンススクール 第2回キャリアデザインワークショップ
11月20日 13:00−16:20(予定)
松下祥子「博士→母+准教授な生き方」

こちらもね、同じ日に講演させていただく方がNewton編集室の方で、お会いするのがとっても楽しみです♪
対象者の方が静岡サイエンススクールの関係者の方になるのですが、静岡大学のお知り合いの皆様、お会いできれば幸いです
ヤッホー(ノ^∇^)ノ




ぶっちゃけ先生の写真群の中に自分の博士論文審査の時の副査を見つけてしまいました・・・
7割の確率で日記・その他へ飛びます↓

お時間がありましたら,ぜひこちらもご利用ください。復興支援のほか、ピンクリボンも多いです↓
sachi * ”女性”科学者 * comments(13) * trackbacks(0)

緊急!パブコメ募集

☆鵝・。・★。・。☆・鵝・★・。

寝ようと思ったら。
浦島太郎状態の管理人は、ちゃんとフォローできてなかったのですが。
科学技術基本政策策定の基本方針の、最終パブコメ集めてる情報が流れてまいりました。

今回の政策では、人材育成が後退した、とか言われていてですね。
まぁつまり、若手支援だの女性支援だのが

ほぼ無視

されてたそうで。
これまでのパブコメでちょいちょい改善されてきたんですけど。
そんな今回の政策に、我々研究者が直接声を届けられる、

マジ最後の機会


です。
しかも締め切り。






今日です↓



総合科学技術会議パブリックコメント実施一覧
http://www8.cao.go.jp/cstp/pubcomme/index.html


「科学技術基本政策策定の基本方針(案)」に関するご意見募集について
本文:http://www8.cao.go.jp/cstp/pubcomme/kihon4/honbun.pdf
(女性についてはp29)

投稿締切:6月7日(月)24時



基本方針を読んで、「もっとこうしてほしい」とかを、「意見募集ページ」で書いちゃってください。
PDF内で”若手”とか”女性”とかで検索すると読みやすいかもです。

この政策に関しては、イヤ本当に、「数が大事」になってるんですね・・・
あなたの一声で政策変わります。ましてやこれだけ不安定な政治情勢では。
さぁ皆様、思いのたけをぶつけるんだー!



クリックもよろしく→


☆鵝・。・★。・。☆・鵝・★・。

sachi * ”女性”科学者 * comments(0) * trackbacks(0)

職場復帰むいてるかも職1

車のおもちゃ
<本日の写真>弟のところでわが子が気にっていたおもちゃを、先週末に買ってしまいました★3ヶ月遅れのお誕生日プレゼント(おい



なんだか眠れない管理人です。

研究のことも。
学生さんの就職のことも。
そして、今日もお友達を二人かんでしまったわが子のことも。

あれこれ後悔することがいっぱいで。
自分はなんと至らないんだろうと考え始めると、自分を作り直したくなったりする(ここ、親になった自分の成長を感じるんですよ。昔は自分は欠陥品だと思うと、死にたくなったもんでしたからヽ( ´ー)ノ フッ)

私が眠れないからって何も事態は好転しないと分かっているのに、どうも自分はメンタル面が弱くて困ります
ε=( ̄。 ̄;A フゥ…


眠れないこんな時ですがー。
下記コメントを拝見していて、少しでもお役に立てればと思いー。
「育児で研究を中断された方が手を出しやすい」職の話がたまたま来たのでご紹介ー。
こういう職もあるんだ、ということをお知りになれば少しでも楽になられるのではないでしょうか
ポリポリ (・・*)ゞ

第一回目、「職場復帰向いてるかも職」はこちら。
産総研で、補正予算が無事とおった暁には、ポスドクならびに学士・修士号取得者向けに、こちらの応募をされています。
(1)産総研イノベーションスクール研修生(ポスドク対象)
(2)専門技術者短期育成事業育成技術者(学士・修士号取得者対象)

http://www.aist.go.jp/aist_j/announce/au2009/au0514/au0514.html

時期が今応募から3月31日までなので、職場復帰の取っ掛かりとしては良いかもしれませぬ。
しかも装置豊富な産総研で、スキルを付けて下さるってんだからスンバらしいと言えましょう。
(専門技術者のやつなんて、危険物取扱者等の専門的な資格の取得に必要な費用を負担してくれちゃうんですって☆)
応募締め切りは6月15日とありますが、内々でしたら6月8日くらいじゃないでしょうか。

この内々っていうやつですけれども。
一応、お若い読者の方のために書いておきますと、こういう職はあらかじめユニット(研究チーム)の推薦があったほうがベターです。大学院の研究室を受験されるのと同じ感じだと思ってください。
応募なさる前に、ご自身の分野に近いユニットを、お知り合いを通じてもしくは直接伺うのがよろしいかと☆



朝刊配達の音がする・・・せっかくのわが子との週末を、睡眠不足でだめにして後悔するんだろうな。でも何かしていないと、不安でしょうがないのです。
だめだめーな私ですが、応援クリックしてやってください・・・↓
人気blogランキングへ

お時間がありましたら,ぜひこちらもご利用ください↓
ワンクリック募金
sachi * ”女性”科学者 * comments(12) * trackbacks(0)
このページの先頭へ
| 1/4PAGES | >>