<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

どのセッションにするか?



<本日の写真>オリエント急行内のガラスはルネ・ラリック作。裏面に銀がコートされており、鏡面で広がりを感じさせます。その分、酸化しちゃうと黒くなるのですけどね…


これはただのメモです。
いい歳になって、まだ学会とセッションが選べてないです…←致命的絶対ダメなやつ

今、太陽電池を模倣した熱利用発電やってて。
来週、電気化学会で発表するのですが。
増感型太陽電池の人達がプログラム内に見当たらなくて、「どこ行っちゃったんだろ」って思ってたら。
応用物理学会 有機分子・バイオエレクトロニクス 有機太陽電池
にいらした…
私の有機だけぢゃないから入れないTT

ちなみに私のエネルギーのは、今回、応物 フォノンエンジニアリングセッションで出しました。
すごく暖かく受け入れていただきましたが、我々のフォノンじゃないかも…
。・゜・(ノД`)・゜・。



どこへ行けばいいのかしらね…熱電って、温度差を使うゼーベック効果を指すのが一般だから違うって言われそうだしね…不惑とか嘘よきっと一生惑うわよ私★クリックして頂けるととても喜びます↓

 

 

人気ブログランキング

 

 

sachi * 研究:エネルギー問題 * comments(0) * trackbacks(0)

総合科学技術会議第4回

JUGEMテーマ:学問・学校

どうも皆様、本当にお久しぶりです・・・
仕事のことは、書けないことがいっぱいで、書けませんでした。

娘のことも、あまり順調だとは思っていません・・・
両親の手厚いサポートはいただいてますが、お箸がうまく持てなかったり、ケアレスミスがあったり。
このままどうなっちゃうんだろうという不安が、いつもあります。

なーんてっ。
暗い話題はおいておいてっ。
 

総合科学技術・イノベーション会議(第4回)議事次第

が公開されましたお。

今の政権はですね、皆様が想像以上にトップダウンがちゃんと動いています。。。
そして、現在の日本の少ない人的資源・切羽詰まった外交などなども考えると、とにかくトップが何を考えどうしたいかを見ることは必要だと思うのです。
だから・・・見てほしいなって、思います。



えぇ。こういう仕事も関係してます。そして論文優先の現場との矛盾を感じ苦しんでいます。
もう・・・夢は見れない年頃ですクリック→
sachi * 研究:エネルギー問題 * comments(3) * trackbacks(0)

コナルカ倒産・・・

すみません、覚書です。
明後日から行く、アメリカでの招待講演の準備をしていて、今更知りました。

あの有機薄膜太陽電池のコナルカが今年の6月に倒産してたんですね・・・↓



うーん。




自然エネルギーの会社が生き延びるのは日本でもアメリカでも大変ですクリック→

sachi * 研究:エネルギー問題 * comments(4) * trackbacks(0)

宣伝・論文・・・

評価:
---
化学同人
¥ 3,990
(2011-01-14)
コメント:お金が余ったらぜひ購入させていただきたいです・・・図書館でお借りして拝読しているのですが、構成と言い内容と言い、珠玉の一冊と言えます。

すみません、完全に宣伝です。


自分は長い間、夢を追いかけて研究を行っています。
電子よりもずっと大きな、可視光の波長周期をもつ構造(フォトニック結晶)が、電子の動きに影響を与えるかどうか、の研究です。
「絶対できないよ」と言われることもあるし、「面白いから頑張ってごらん」と言われることもあるし、「間違ってないんだから早く論文出しちゃいなよ」と言われることもあります。

私の中に、一つのポリシーがあって。
パーマネントのアカデミアの人間こそ、夢を追いかける研究をすべきだって言う。
ただもちろん、学生さんがいるから、学生さんなりの結果は出させてあげないといけないけど。

やっと、その夢を熱く訴えた論文が一報とおりました。
「こういう構造を創ったら、電子の動きに影響を与える”かも”しれない、フォトニック結晶ができるよ」
っていう、シミュレーション部分の論文です。
すごくインパクトファクターも低いし、屈折率の波長分散は考慮されてないし、この構造を実際に作るのはめちゃくちゃ大変だけれど。

この論文の中の、
"the authors have paid attention to the dye emission in the solar cell. "
以降の数文を、文字という形でこの世に残せたことが嬉しいと同時に、もう引き下がれないっていう怖さも感じます。


こういう怖さを感じるのは、この論文が初めてです。
私の考えが間違ってるかもしれないし、正しいかもしれない。
それでもこの職業でいる以上、踏みとどまって、諦めずに、頑張って正解に辿りつきたいと思います。

そんな私の論文は、Crystalsっていうオンラインジャーナルで無料で読めます↓



本当に、ただシミュレーションしたっていうだけの論文ですけど・・・もしよかったらご覧くださいクリック→
sachi * 研究:エネルギー問題 * comments(6) * trackbacks(0)

iPad用キーボードにDSSC

すみません、覚書です・・・
かなり今更感です。
26%って数字を後で検証したいのです。


グレッツェル研の「色素増感型太陽電池」をiPad用ワイヤレスキーボードに搭載


Logitech社は5月、「色素増感型太陽電池」(dye-sensitized solar cells, DSSCs)を搭載したiPad用ワイヤレスキーボードの新製品”Folio”を欧米で発売しました。色素増感型太陽電池が商業的な製品に本格的に採用されたのは今回が初めてとのことです。材料科学のニュースサイトMaterials Viewsが伝えています。
 ⇒ Materials Views – Graetzel DSSCs used in new iPad keyboard

色素増感型太陽電池は、光を受けた色素が電子を放出する働きを利用して発電するもので、次世代の太陽電池として近年注目されてきました。(参考: Chem-Station「気になる化学用語」色素増感型太陽電池 / Dye-sensitized Solar Cells) 今回採用された電池は、この技術のパイオニアとして知られるスイス・ローザンヌ工科大学のミヒャエル・グレッツェル(Michael Graetzel)教授のラボから技術協力を受けたG24i社が製造したもので、かつて色素増感型太陽電池の弱点とされた変換効率が26%まで向上しているそうです。この技術の実用化により、G24i社は5月にベルリンで開かれたイベント Energy Harvesting and Storage Europe で”2012 Best Technical Development of an Energy Harvesting Device”に選ばれました。

こんな情報も知らないなんて勉強不足すぎる私orz

sachi * 研究:エネルギー問題 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ
| 1/3PAGES | >>