<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

オープンアクセス化への流れ

すみません、すごい久しぶりなのに覚書です。

残念なことに、各種学術領域に入っていない私は、この辺の情報が疎くて時代に取り残されそうなので・・・

 

2018年9月4日。Science Europeが発表したイニシアチブ「cOAlition S」

これを受けて、税金やファンドを使って研究した成果を論文で発表する場合、オープンアクセス化を強く推奨する10の原則「プランS」。

参考:https://rcos.nii.ac.jp/miho/2018/09/20180906/

 

このプランSの改訂版が出たのが2019年5月31日。

cOAlition S参加機関による研究助成を受けた研究成果(査読出版物)は、すべてOAジャーナルかOAプラットフォーム、またはOAリポジトリに即時発表しなければならないとされる日が、当初計画されていた2020年ではなく2021年1月1日

米国や中国、アジア諸国のようにプランSを推進していない国も多数ある

参考:エナゴ「プランSの学術界への影響(2)」

 

最近のオープンアクセスジャーナル増加の背景の1つだと思います。

ヨーロッパの出版社とアメリカの出版社のバトルになりそうな・・・

ちなみにいくらくらいになるかというと、

 

ヨーロッパなRSCだと

Full Gold open access journal (RSC advance (IF3.0くらい), Nanoscale adance,など)

Communication 1,000ユーロ(2020年1月現在だと12万円くらい)

Article 1,600ユーロ(2020年1月現在20万円くらい)

 

アメリカなACSだと

ACS Omega(IF 2.58)で750ドル(2020年1月現在8万2千円くらい)

 

ちなみにNatureのオープンアクセスジャーナル、

Nature Communications(IF 11.8)だと$5,380 (2020年1月現在59万円・・・!!!?)

 

Nature Communicationsの金額は二度見しました。あってますよねこれ?

前出そうとしたとき、自腹でもいいやと思ったことを思い出しましたよ、えぇ。

IFが上がるほどに金額が上がっている気がしますね。

権威の商業化ですよね・・・

 

 

なので、IF3くらいのだと、あえてオープンアクセスジャーナルに出さなくても、普通のジャーナルでオープンアクセス化してもいいんじゃないかと思ったのですが。

ACS系ジャーナルは、すぐにオープンアクセス化するプランだと4,000$(2020年1月現在43万円)、1年後にだと2,000$。

それぞれACS会員だと500$割引・・・

 

RSCのColloidal Chemistry(IF=4)だと$2,330(2020年1月現在25万円)・・・

 

 

 

........ ( ..)スゴスゴ

 

 

 

お金がなければ出版できないのがオープンアクセスジャーナル。

お金がない→論文が出せない→助成金やポスト取って来れない→お金がない、の負のスパイラルが起きそうです。

論文数で評価している学術分野の、評価基準変革が望まれるんでしょうね。それはたぶん良いことなのでしょう。

ちなみに2/1が娘の中学受験です・・・!

 

JUGEMテーマ:学問・学校

sachi * 研究:心の赴くまま * comments(0) * -

「ぎりぎり合格への論文マニュアル」


これ、科学技術の言い回しを学ぶ本なのですが。
めちゃめちゃ受けました…www

https://readingmonkey.blog.fc2.com/blog-entry-557.html



もうダメだ、って人生思うことたくさんあると思うのw そんな時は是非この言い換えを思い出して乗り切って行きませうクリックっ↓

人気ブログランキング

sachi * 研究:心の赴くまま * comments(5) * trackbacks(0)

「世界一楽しい 遊べる鉱物図鑑」

JUGEMテーマ:学問・学校

敬老の日にお邪魔した箱根のラリック美術館では、偶然にも「オパールとオパルセント」と題された展示がやっておりましてね。

誕生石がオパールの私はとても喜んだのです。

 

ラリックが作製したオパルセントの女性像群は一見の価値あり!

光の当たり方によって変わるそのセクシーさに、時間を忘れて魅了されまくりました♡

・・・なぜ今のラリックブランドがオパルセントの女性像を作らないのか・・・それとも作れないのか・・・不思議です・・・

購入しようとしてショップ店員さんに問い合わせちゃいました★ふくろうさんとかハート型とかしかないんですって

 

で、その際に、ミュージアムショップで思わず購入した本がこちら。

私、現在無機材料の准教授をしているのですが、出身が化学なもので地学的な鉱物知識に乏しいのです。

この本は眺めるだけでも美しい上、へき開の実験方法・スケッチのやり方などが研究の初期に耐えうるクオリティで載っていて、なおかつ娘とも出来そうな実験も写真付きで紹介されてます☆

この連休、スライド準備と家事の合間に楽しんで読ませていただきます

(*´▽`*)

 

 

と書いてる横で娘も興味を持って読んでいます。スピネルの美しい結晶を見て「ポンって(本を)叩いたら出てくればいいのに」とか言ってます笑 美しいものをどんどん見て心豊かに育ってほしいわクリック↓

人気ブログランキング

sachi * 研究:心の赴くまま * comments(0) * trackbacks(0)

文部科学関係 平成26年度予算(案)


<本日の写真>実は、母上のケーキだけじゃ足りないかなと思い、大好きなコムサでもクリスマス用ケーキを買っておいた私★我が子は上のフルーツだけ食べてました^^;



すみません、えっと・・・

来年度の文部科学省の予算「案」が出ていたので、覚書です:

http://www.mext.go.jp/a_menu/yosan/h26/1339140.htm



昔はね、こんなの自分に関係ないわっ、って思ってたんですけど。

最近、この辺の単語やらを知らないと、会議でチンプンカンプンになるんですよ。

えぇまぁ、歳をとるとそういう事も求められるってことですわよ★





見てみると面白いですね。





たとえば新「心のノート」を小1、小3、小5、中一に配布されるそうで。

これ、さくらがもらってくるなぁとか。



土曜授業推進事業が新規に提案されてるんだなぁとか(予算規模は一億程度)

これもさくら絡んでくるなぁとか。



グローバル人材育成に関しても、今度は「スーパーグローバル大学等事業」っていう名前になったんだなぁとか。

私のいる大学は「世界水準の教育研究活動の飛躍的充実」の例には入ってないけど「各分野における抜本的機能強化」に入ってきて、やっぱりそういう立場を求められてるんだなぁとか。



そして当然、オリンピックに向けた予算も提案されてるなぁとか。





で、まぁ・・・

科学技術イノベーション・システムとか、基礎研究力拠点とか、研究環境を整える「システム」に関しては減額されてるけど、これはきっとここまでで十分構築されてきたから、あとは頑張ってこれらを利用するのは科学者の君たちのお仕事だよ的メッセージなんだろうなぁとか・・・







多分・・・税金で作られたシステムを有効に使うことも、アカデミアな我々に求められている義務の一つなんですよクリック→



sachi * 研究:心の赴くまま * comments(0) * trackbacks(0)

結晶構造のデータベースと書き方


<本日の写真>サーティーワンは親子で大好き♪ハロウィンバージョン♪紫のクッキーは、紫芋のお味で、ちょっとほっこり感が秋を感じさせてくれます♪♪



管理人は渡り鳥研究者でございます。今回は無機材料用のデータベースの覚え書きでございます。


結晶構造のデータベースと書き方について、素晴らしいPDF↓

・「結晶構造の描画と検討」by Nishida先生
ここで紹介されているAMCSDデータベースはCIFファイル(ある種のソフトを使うと、結晶構造が3Dで見れるファイルです)もリンクしていてとても便利。


構造の確認だけならこちらもおすすめ。オパールなんかもあります↓
・結晶構造ギャラリー by AIST



無機の学生さんは知っておいてほしいなぁクリック→
sachi * 研究:心の赴くまま * comments(2) * trackbacks(0)
このページの先頭へ
| 1/11PAGES | >>